2014年12月31日水曜日

桜つれづれ日記(124:あと数時間)

12月31日(水曜日)
 今年もあと残り時間が少なくなって来ました。
 さて今年もいろいろありましたが、それほど進展するような事象は小生としては有りませんでした。強いて言えば桜関係で動いたことと、年齢が大台に乗ったことでしょうか・・・?
 今日の予報を見ますと、日中は晴れていても次第に天気下り坂となり夕方からは雨(山地では雪)となるとの事です。また明日にはひょっとすると銀世界になるかも・・・。
 そういった中阪神から子供たち一家が宇和島に帰ってきますが、果たして高速道が通れるのでしょうか?
 一方小生宅では着々と年末年始の用意が進んでいます。しかし我々は次第に高齢化となっていることから、その作業は思うように進んでいません。でも女房殿は頑張っているようです。
 小生の家族で進展した出来事と言えば、孫が1人増えたことでしょうか?その孫はもう10カ月余りとなり、歩く姿が間もなく見えますので楽しみです。
 <早く来い来いお正月>です。
 早々と、来年も宜しくお願い致します。(桜54)

2014年12月30日火曜日

桜つれづれ日記(123:有名人と・・)

12月30日(火曜日)
 今年もあと残すところ(今日を入れて)2日となりました。
 女房殿は年末の掃除やら来客等の対応、また両母上殿の介護にと大忙しです。
 さて小生はある程度お手伝いはするものの、決まり切った作業はありません。そうした中昔の資料が出て来ましたのでお披露目します。
 今から約5年前(2010年3月29日)、NHKから<あさイチ>という番組が放送開始となりました。その中で小生が動いています<宇和島の桜>が収録放映されたのです。
 小生は以前から<宇和島桜観測員>として動いていましたので、日本地に何度もなった桜の取材等で有名人と共に密着取材されたのです。(勿論写真も残っていますが・・・)
 この写真は<前田美波里>氏のサインです。
 この後石原良純氏や中村次郎氏等も来宇され、カメラに収まりました。
 毎年のことながら、桜の開花発信には有名人と共に収録されますと記憶に残るものですね。(桜54)

2014年12月29日月曜日

桜開花観測(39:あと82日後には!)

12月29日(月曜日)
 久しぶりに丸山公園に行き、<さくら標本木>の花芽観測を行いました。
 ご覧のようにまだ(見た目)枯れ木の状態ですが、花芽はしっかりと付いています。
 夏場に出来た花芽は夏から秋にかけ十分に栄養を蓄え、この厳しい冬を乗り越えようとしています。
 当宇和島地方は北西の季節風がまともに吹き付け、また鬼が城から吹き下ろす寒風とがこの2~3カ月間繰り返されるのです。
 そういった(気温低下の)状況の他、今年の夏場の降水量や気温が開花には大きく作用するのです。
 今後更に1~3月の気温予想が開花日を決める大きな要素となりますので、小生はこの1月1日から累積気温と(1ヶ月及び3カ月の)長期予報によって(開花日の予想を)少しずつ絞って行く予定です。(桜54)

桜つれづれ日記(122:一日半で)

12月29日(月曜日)
 
 写真のものも<かまぼこ板>の作品です。
 この作品は比較的短時間で出来上がりました。
 というのは、かまぼこ板をある大きさに6枚切り揃え、それを竹ひごでつなぎ合わせただけなのです。しかし接着面積が少ない事と最後の1枚を組み入れるのにかなり苦労しました。
 順次竹ひごで組み込みますと、最後の組み合わせにはスペースが出来ないのです。さてどうやって組み合わせたのでしょうか?・・・想像にお任せします・・・。
 この作品は置き物台としていますので、台所で使うも<良し>玄関で使うも<良し>なのです。また勉強机などでも可能です。
 まあちょっとした工夫でいろいろと出来ますので、皆さんも頭の体操で考えられては如何ですか?(桜54)

2014年12月28日日曜日

家の管理(80:車用の・・)

12月28日(日曜日)
 午前中、身内が大阪方面から帰ってきましたので駅まで迎えに行きました。
 帰った直後、知人から写真の様な「(自動車用)門松があるので取りに来てほしい」との連絡がありましたので、午後一に頂きに行きました。もうここ数年このような<自動車用門松>を付けて走っていますので、バンパーの前の竹筒はお古となりました。
 この自動車用門松を付けて駐車場などに留めておきますと、不思議そうに眺めている方を見かけます。
 現在では家々の門松飾りをしなくなった方も居ますし、自動車や自転車に付けて走る方は全く見かけません。
 その昔はタクシーやバスには必ず付けていたものですが、今は皆無です。
 年々国民の祝日を祝う行事が廃れていますが、国民的行事は国民全体で祝うべきだと思います。
 今年から小生宅では<国民の祝日には国旗掲揚>をするようにしましたので、皆さんも出来得る限り祝日の事業を行っては如何ですか?(桜54)

日本の苗字(19:同音続き)

12月28日(日曜日)
 いよいよ年末となりそれぞれが忙しく右往左往!
 さて小生の<2014年ブログ>もそろそろ終わりに近づきました。
 そういった中、同音(発音)が続く苗字を調べてみましたら、意外に多いのに気が付きました(◎+◎と同じ発音が続く苗字です)。
 現在分かっているだけで14姓を確認し以下に示します。
  イイ=井伊、伊井、飯井、猪井、飯居、
  ゴゴ=御後、
  ササ=笹、佐々、
  ツツ=筒、
  ノノ=野々、
  ババ=馬場、
  モモ=百
  ヤヤ=良、矢谷、の14姓です。
 また同音が3語続く苗字を発見しました。
  イイイさんです。さてどういう漢字が充てられるのでしょうか?
 この方は、<飯井>と書くのだそうです。
 でも上記の様に<飯井=イイ>と読める方と<飯井=イイイ>と読める方がありますので、何時も何時も言うように<振り仮名>を振ってほしいですね!
 本当に本当に、日本の苗字は複雑です。(桜54)
 注)一文字の姓や濁音(カガ等)が入る姓はまだまだ多いですね。

2014年12月27日土曜日

家の管理(79:時計参上)

12月27日(土曜日)
 1か月前だったかな?いや数か月前だったのかな?
 我が部屋の時計が故障ししばらくの間不便を強いられていましたが、数日前女房殿が郷で不要になった時計を持ち帰りました。
 その時計を早速我が部屋に取り付けたのです。
 色・形は違っても、時を刻む速さは同じです。
 やはり時計は数台あっても、見るべき方向は何時も同じなので<無い>と違和感を生じるのです。やっと元の生活に戻りました。
 朝起きてその時計を見て時刻を確認し、部屋から出る時その時計を見上げて確認し、電話が鳴ればまたまた確認し、いろいろと使っていた時計なのです。だから1カ月(?)ほどはかなり不便でした。
 まあこれで、今まで通りの生活が送れそうです。
 <時は生活なり>また<時は金なり>です。
 人間様は時計に動かされているようなものです。(桜54)

健康管理(82:奥の手?)

12月27日(土曜日)
 今朝もやや冷え込み大霜の朝となりました。
 さて小生宅には2人の<要介護者>が居ますが、一人は自分自身で歩行が出来ますので何とか人の手を借りずに生活しています。しかし小生の母上殿は半身不随なので<人の手>が必要となって来るのです。まあ室内行動の時は車椅子生活のため、何とか自分自身の行動が出来るのです。
 しかし排出に関しては自分自身で便座に座る事が出来ませんので、その行為時に助成したりまた後の処理もしなければならないのです。よって四六中家を空ける事が出来ません。
 女房殿が居ない時や日中は時々小生が介助しますが、その行為時に小生の手の感覚を(母上殿が)気にするのです。
 今の季節(冬)はどうしても(室外で作業をする関係で)手の温度が低くなりますので、素肌に触るとびっくりして飛び上がるようです。
 母上殿の立ち方が悪い時には、この手(奥の手)を出すのです。
 色々工夫をして、何時もの行動が出来るようにしている処です。(桜54)

2014年12月26日金曜日

桜つれづれ日記(121:相次いで)

12月26日(金曜日)
 木工細工は数点を同時進行させていますので、昨日に引き続き写真の作品が完成しました。ただ注文を受けた時点では<テレビ>も所望だったので、これからそれを作るようにします。よって100%完成品ではありません。
 サイドボードの上には酒の瓶2本とグラスを乗せています。1本目(右)は洋酒瓶、2本目は徳利の様ですね!その左にはワイングラスを置いてみました。一番左の物は<犬>の置きものです。
 先日何かを探していた際見付けたもので、こういった細工物にちょこんと置けば様(サマ)になると思ったからです。
 まあこれらも自己満足の領域です。
 この作品はどうも松山方面へ出向くようです。そろそろ旅立ちの準備をしなければならないでしょう。(桜54)

桜つれづれ日記(120:懐かしい台所用品)

12月26日(金曜日)
 昨日ようやく写真のものが出来上がりました。
 これはその昔、どの家庭でも用いられた<セイロ>と<かまど>です。
 <かまど>の中には<ハガマ>も作っているのです。ハガマの上部は手摺等に用いる止め金です。またセイロは3段とし、それぞれ個々になる様にして中身も入るようにしました。
 これら全てかまぼこ板ですが、ハガマの上部だけはステンレス部品を使いました。
 この作品はちょっと大きく、全長で10cmをちょっと超えました。
 まあ自己満足です。(桜54)

2014年12月25日木曜日

畑の管理(53:農産物どっさり!)

12月25日(木曜日)
 今日は両母上殿がデーサービスで出て行きましたので、久々女房殿とドライブをしました。
 でもそのドライブは、まず故父上殿の里へ年末恒例のお歳暮を持って、また妹宅へ行って米1袋(30kg)を購入。さらに子供へ荷の送付に行きました。
 宇和島周辺は無料の高速道がありますので、北へ行ったり南へ走ったりしました。
 父上殿の里や妹宅からは、畑から直に採った大根や人参、また蕪や高菜等の野菜をどっさりと頂きました。勿論小生宅で使い切れませんので、ご近所にちょっとだけお裾分けを!
 小生の畑ではもう何も植わっていませんので、大助かりです。早速今夜の食卓に上るでしょう。余った物(大根等)は後日千切りにして干し大根を作ります。葉の部分は塩で揉んだりして食卓に・・・。枯れた葉の部分は再び畑に持ち込んで肥料としますので、ほとんど捨てる処はありません。
 農家の方が精魂込めて作られたものです。大切に使いこなしましょう。(桜54)

桜つれづれ日記(119:あと1週間!)

12月25日(木曜日)
 今日はクリスマス。その昔は<クリスマス寒波>と大々的に言われた時期もありましたが、今年もそれに近い状況となって、東北や北海道また日本海側では次々と押し寄せる寒気の影響で大変だろうとお察し申し上げます。
 さて今年もあと1週間となり、それぞれの家庭では年越しのため大忙しではないでしょうか?
 小生宅でも大阪方面から子供たち一家が帰省しますし、親戚内も帰って来ますので女房殿は朝から大変です。
 小生は買い物のお手伝い(主に運送と取り付けなど)ですが、女房殿は家庭内の大掃除から買い物、またお寺関係・介護関係など多方面の作業があるのです。
 小生の出来る範囲の事はお手伝いするのですが、家事や寺関係の方は全く・・・。
 年々歳と共にその行動が制限され始めていますので、介護を含めてどれほど続けられるのでしょうか?
 それはさておき、今年もいろいろと大変でしたが、来年も良き年で健康でありますように!(桜54)  

2014年12月24日水曜日

宇和島を知る(61:桜植樹場所)

12月24日(水曜日)
 今夜はクリスマスイブ!みなさん何か贈り物でも・・・!
 さて小生は本日午後から、伊達400年祭に係る桜植樹関係で動きました。
 この写真は道路の端から4メートルを示した尺棒で、円は半径約1,2メートルを現わしています。これは何を意味しているのでしょうか?
 最初の数字(4メートル)は桜の枝張りを示したものなので、地中の根もこのくらい伸びるものなのです。すなわち枝と根の長さはほぼ同じくらい伸びるのです。
 そういった中心(桜の幹)を示すものが赤白の尺なのです。
 また1.2メートルの円は桜の苗木を植える際、土や肥料などの必要性を加味して掘る目印なのです。
 この場所は未だ工事中なので、ひょっとすると車が通るかも知れないので、予め木等を痛めないように目印を付けるものなのです。
 今後皆さんからご寄付を頂いた桜にはそれぞれに目印となる名札を設置しますので、十分な愛情を持って見守って頂きたいと思います。追って植樹場所は、行政の方からお知らせが行くと思います。(桜54)

家の管理(78:国旗掲揚)

12月24日(水曜日)
 昨日は<天皇誕生日>で、小生宅では30~40年ぶりに国旗掲揚を行いました。
 というのは、小生宅はその昔旧家を壊し新築した際鉄筋コンクリートの家にしたのです。
 そのため国旗掲揚する場所の確保が出来ませんでしたので、当初は玄関の桟(サン)にくくりつけて掲揚していたのです。しかし父上殿の死、小生の転勤等で永年その事象を行っていなかったのです。また近年は家の塗装等を行いましたので、なお更その事象を実行しなかったのです。
 でも何か違和感を生じましたので、塗装後早々に車庫脇の壁に穴を開け、何とかその台座を作る事が出来ました。また国旗も倉庫内から探し出したのです。
 それによって、今回の祭日から<国旗掲揚>に至ったのです。
 近隣の住宅では全く国旗掲揚を見なくなりましたが、これを機会に<国の祝日>を皆で祝おうではありませんか?(桜54)

2014年12月23日火曜日

補導と指導(49:ホイッスルの威力)

12月23日(火曜日)
 今日は天皇誕生日です。
 今まで長い間国旗を掲揚しなかったのですが、台を今年設置しましたので車庫脇に掲揚しました。
 さて今日は今年最後の少年補導日で午後から出かけました。
 今回は市内南部地域の巡回です。集合場所に担当の班員が集まり巡回しました。昼間の巡回でも人通りや子供達の姿はかなり少なく、歩いているのは我々だけの時もありました。
 でもその途中で、自転車に乗った少年が数人居ましたが、その一組が二人乗りをしていましたので<口頭注意>しました。小生達がまだ見える範囲で再び<二人乗り>をしたため、遠くからではありましたがホイッスルを吹いたのです。てき面!効きました。自転車から慌てふためいて降りたのです。
 こういった指導方法は今までしてはいませんでしたが、ホイッスルという優れ物には叶いませんね!
 周りの人も「何事か?」と振り向いていました。それこそ少年たちはびっくりした事でしょう。
 これからも最初の注意は口頭でも、二回目以降になると別の方法も考えねばなりませんね。(桜54)  

健康管理(81:軽減と安定化)

12月23日(火曜日)
 今日は天皇誕生日です。天皇陛下が満81歳になられたそうで、おめでとう御座います
 さて小生はこの秋〇〇歳となり、医療費が減額されるようになりました。
 さてこういった長寿年齢になりますと、身体のあちこちにガタが来て時には寝込まれる方が出て来ます。小生も60歳を過ぎた頃から(遺伝となる)腰痛に悩まされ病院通いを行っていましたが、ある時医師から「ほとんど進行していなく、返って安定化している」との事で<病院通いの中止命令>が出たのです。
 それからもう3年以上、腰痛関係の病院通いは全く無くなっているのです。
 自分自身、腰痛に悩まされた頃から毎朝夜の体操は欠かしたことはありません。また時には散歩にも出かけるのです。
 こういった毎日の(努力)継続が功を奏したのかも知れません。
 当初は痛みに耐えかね寝込んだこともありましたが、今ではちょっとした体操で痛み軽減に繋がっているのです。
 何とか頑張っている今日この頃です。(桜54)

2014年12月22日月曜日

桜開花観測(38:雪の舞う中で)

12月22日(月曜日)
 今日は朝から気温はそれほど上がっていません。よって山間部を中心に雪が降り、宇和島市後背の霊峰(鬼が城山)は白い雪を冠り銀世界です。
 さてそういった雪が舞う外で、ある作業をしました。
 来年早々には桜植樹が始まりますので、小生宅から約1km北にある公園で関係者立会いの下説明しながら一周しました。
 ある程度植樹場所と本数は事前に決めてはいるのですが、まだ別の工事が進んでいませんでしたのではっきりしなかったのです。でも数日前その詳細の一部が決まった様なので、早速行動を起こしました。
 決定事項とは、現在の工事と植樹が同時進行するように目処が付いた事と、他の事業者からの協力が増えた事なのです。
 今日の行動はある程度決定事項となりそうなので、今週中には市の関係課に行って説明するつもりです。(桜54)

家の管理(77:年賀葉書投函)

12月22日(月曜日)
 いよいよ年末最後の行動週間が始まりましたが、まず最初は年賀葉書の投函です。
 小生自身は毎年80枚余りの年賀葉書を書き投函しますが、今年もやっと表裏書きを先日終了し女房殿の分を待っていました。先週末には女房殿もほぼ同時に終わりましたが、土・日曜日だったので投函を待っていたのです。
 小生宅角にはポストがあり集函が日に数回ありますので、その時家から持ち出すようにしていたのです。
 しかし集函時刻は以前書かれたものと若干異なっている様なので、後刻その時刻に合わすか郵便局に持参するつもりです。
 これが終わればまずは一安心。正月皆さんからの年賀状を待つだけですね。(桜54)   
 
  

2014年12月21日日曜日

防災を考える(33:地震多発)

12月21日(日曜日)
 太平洋戦争が終わった1年後、潮岬沖を震源とするM=8.0の大地震が発生し、東海から九州に至る太平洋岸で多大な被害が発生しました。
 特に紀伊半島から四国にかけては、内陸奥地まで津波が押し寄せ多くの死者や行方不明者を出しました。
 あれから68年もの月日が経ち、当時の状況を知る人たちはかなり少なくなって来ました。小生は当時幼少、全く記憶はありません。ただ母等の話から想像するのみです。
 この地震前後には、全国各所で大きな地震が発生したそうです。
 東南海地震、南海地震、三河地震など太平洋側で発生した地震は、人口が集中する都市を壊滅させるほどの威力を持っていたそうで、太平洋戦争前後の日本を<どん底>に落し入れたものだったそうです。
 日本はその自然災害を糧にして、戦争後の復興と共に驚異的な回復を見せたのです。
 <日本人ここにあり!>と復興した姿を見せたのは、<東海道新幹線>や<東京オリンピック>だったのです。
 まさに日本人は、どん底から這い上がったそのものです。頑張りましたよ!(桜54)  

2014年12月20日土曜日

健康管理(80:・・・のし過ぎ?)

12月20日(土曜日)
 今日は何も仕事が入っていませんので、のんびりと午後から散歩に出かけました。
 このところ食い過ぎなのか、飲み過ぎなの、仕事のし過ぎなのか、はたまた遊び過ぎなのかちょっと胃の調子が良くありません。
 小生自身はそれほど内臓は悪いとは思っていないのですが、ここ数日はちょっと自分自身で気をもんでいる処です。
 高知時代は3日に上げず飲み食いをしていたのですが、近年はそういった会合も無くまた機会も無いのです。強いて言えば<看病疲れかな?>と思っているのですが・・・。
 まあそれはともかくとして、歳と共にあちこちの臓器が故障するのです。また気分的にも参る時があるのです。そういった精神障害から来るのかも知れません。
 <気の持ちよう>で病は吹っ飛ぶのかも知れません。
 何事も<病は気から>です。老骨に鞭を打ち頑張りましょう!(桜54) 
  

桜開花観測(37:各所で始動)

12月20日(日曜日)
 昨日は各所から<桜>に関する情報が入ってきました。
 まず<伊達400年祭>に係る情報では、当初桜植樹が遅れると言われた場所は関係する他の機関の協力によって一応同時進行があるようです。ただ工事が遅れる分だけ一般の人の立ち入りが制限されますので、寄進者は工事終了まで待たねばならないかも知れません。
 一方ある場所に桜植樹をしようとする方からの協力依頼があり、来年早々にその場所での(桜を植える)穴掘りが実施されます。
 さらに報道からは、桜に関する諸事についての質問等がありました。来年の桜開花についてです。
 ただ現在は未だ資料の収集を行っていませんので、自分の<感>だけの事しか言えません。今の気温経過や予想からすると、今年の開花よりやや遅れる可能性も秘めているのです。
 小生自身は未だ正式に動いてはいませんが、あと10日後(1月1日)からは資料収集を開始します。また時には現地に行って現況を確認する予定です。開花をお楽しみに!(桜54)

2014年12月19日金曜日

補導と指導(48:安全を祈願して)

12月19日(金曜日)
 今日は朝から、当地区安全協会の面々が餅つきをしました。
 老いも若きも(ほとんど居ませんが・・・)とある場所に集まっての餅つきで、小生も昔取った杵柄で一臼だけつきました。
 この餅つきは年末恒例のものです。これから年末にかけ、市内を車で走行される方に<交通安全>と<来年も良き年であるように>と祈願を込めた餅の配布なのです。
 年々高齢化する参加協会員の面々も、餅をつく人や粉錬る人が居なくなって来ましたので、若手職員も参加して頂きました。
 2時間かかってやっと終了し、それぞれの支部が各所で<交通茶屋>を開いて配るそうです。
 小生達の支部は後片付けに追われ散会しました。(桜54)

桜開花観測(36:間もなく)

12月19日(金曜日)
 今朝はかなり当地では冷え込み、大霜と初氷が張りました。
 こういった季節の気象現象を小生は日々記録しています。よって昨年と比較しますと、氷は昨年に比べ1ヶ月以上も早く現象を確認しました。
 さてこういった寒さは桜開花には好都合なので、小生は歓迎している処です。
 <夏暑ければ冬寒し>という言葉がある通り、年間を通じて温度変化(平均気温)は少ないものなのです。
 さてこの1月1日からは開花に向けての気象資料の蓄積を行いますので、新たな作業が加わりやや忙しくなりそうです。また時には現地へ行っての目視観測もしなければならないのです。
 老骨に鞭を打っての作業を開始・・・。(桜54)  

2014年12月18日木曜日

健康管理(79:最初で最後の・・・)

12月18日(木曜日)
 昨日は我が団体の例会があり町まで歩いて行く手はずだったのですが、お誘いがあって車に同乗させていただきました。
 先日その場所まで歩いて時間を測りますと、約30分かかったのです。しかし昨日は雪が降りましたので、便乗のお誘いがあり大いに助かりました。
 例会終了からは恒例の忘年会です。
 何時ものメンバーながらいろいろな話が出来ました。
 ここぞとばかり飲んだのは良かったのですが、やや体調が優れませんでしたのでやや悪酔い気味!
 今朝の食事は通りませんでした。また・・・・。
 年齢と共に深酒は身体に良くありませんね!気を付けましょう!今年最初で最後の忘年会でした。(桜54)  

2014年12月17日水曜日

仕事遍歴(33:宇和島の雪)

 12月17日(水曜日)
 今日は冬型の気圧配置が一段と強まり、強い寒気が西日本付近まで南下しています。
 そのため当地南国宇和島でも時折雪が降り、所によっては積りました。
 上の写真は<宇和島の軽井沢>と言われる場所で、鬼が城山の麓に当る所です(つい先ほどメールが届きました)。
 その方は小生の知り合いで、時折このようなメール交換をしているのです。
 下の写真は、小生宅から裏山に向けカメラを構えて撮ったものです。まだまだ地面や緑が見えますので、北国の方が見ますと「これは雪(積雪)ではない」と言われるでしょう。
 でも南国では大変なことなのです。
 丁度この時間帯女房殿と買い物に行き、帰りの国道筋は大渋滞。車はのろのろ運転でかなり帰宅まで時間を食いました。
 それ相応の気構え、準備をしていませんので仕方が無いのかも知れませんね。(桜54)

防災を考える(32:爆弾低気圧)

12月17日(水曜日)
 今朝はやや冷え込み当宇和島では1.4度を記録していますが、この後急速に発達する低気圧の影響であまり気温は上がらない予想です(Tmax予想6度)。
 さて昨日西日本にあった低気圧が発達しながら北日本に進みますので、東北・北海道では暴風と共に大雪が降るそうです。一方西日本でもこの低気圧に吹き込む寒気の影響で気温は上がらずまた暴風の可能性があり、日本列島は冷蔵庫の中にすっぽりと納まりそうです。
 当宇和島では昨夜から北西風がやや強まって、気温はほとんど上がっていません。また今朝方降った雪が、薄っすらと屋根に積っています。
 今後の予想では、関門海峡から流れ込む寒気の影響で<暴風と共に大雪の可能性がある>と警報並びに注意報が発令されています。
 このため、山間部に行かれる方は警戒が必要です。また沿岸海域でも暴風や強風による塩害・高波害も考えられますので、十分な注意・警戒が必要です。
 どちらにしても急速に発達する低気圧には、その付近に限らず広範囲に影響が出ますので情報収集に耳を傾けて下さい。(桜54)  

2014年12月16日火曜日

補導と指導(47:強風のため)

12月16日(火曜日)
 午前中は父の33回忌法要を行い、午後からはちょいと寒い中散歩に出かけました。
 小生宅から歩いて30分足らずの所にある<きさいや広場>までの往復です。中央の建物がその建物で、手前の黒い部分(上部)は高速道路が走っているのです。その行き帰りの出来事です。
 小生達交安協支部の旗等は各所に設置していますが、今日は強風のため一部で紐が切れたりまた破れがありました。その修理を散歩から帰って直ぐバイクに乗って補修に行ったのです。
 2か所は川沿いの所での(強風による)破損、他の1か所は以前から破れかけていたものなので致し方ありません。今までは紐で補修をしていましたが、今回は結束バンドを使用してみました。ただこの品は太陽など自然の気象に果たして通用するのか心配です。
 家の中など、気象に関係しない所では長持ちするのですが・・・。
 この方法は初めてなので、しばらく様子見です。(桜54)

家の管理(76:法要)

12月16日(火曜日)
 宇和島では西から押し寄せる雨雲に覆われ、早朝から冷たい雨となっています。
 さて今日は父上殿の<33回忌法要>でこれからお寺に出向きます。母上殿は車椅子生活のためデーサービスに出かけますので、小生と女房殿2人での法要なのです。
 父上殿は未だ60歳前半での他界でしたのでかなり惜しまれました。これは、戦時中の症病が晩年(60歳頃から)の父を襲い死を速めたものと思われます。
 暮れも押し迫った頃から容体が急変し、正月明け早々に他界したのです。当時は未だ商店を営んでいましたので、小生と女房殿が切り盛りをし家庭を支えていたのです。
 一方小生の祖母は、暮れも押し迫った12月27日に他界し葬儀を行いました。
 いずれも年末年始の忙しい時だったので、十分な葬儀が出来ませんでした。
 本日はそういった事も含め、日頃我々を見守って頂いた御礼を含めるつもりです。(桜54)

2014年12月15日月曜日

桜つれづれ日記(118:家屋譲渡)

12月15日(月曜日)
 先日完成しました土地建物を、隣りに居る孫に昨日譲渡しました。
 ある程度完成した家の通路には(軽石の)置き石を、また門柱には外灯も付けたのです。更に庭の片隅には国旗掲揚台も作りました。
 他には鉄棒やジャングルジム等の遊び道具も・・・。
 この家には池はありませんが、芝生(緑色の部分)にはペンギンと犬を置いてみました。
 ちょっとゴチャゴチャし過ぎの様なので、孫には<不要な物は捨ててもいいよ>と言いましたが、まあしばらくは置いておくでしょう。家の方はもう少し大きな家か離れ家を付け足したかったのですが、最初にゴチャゴチャとくっ付けましたので諦めました。
 まあ何とか様になりましたので、今回はこれで終了です!(桜54)

ゴミ回収(28:予報通り)

12月15日(月曜日)
 今日は当地区の資源ごみ回収日で小生が立ち当番でした。
 今朝はやや冷え込んだのですが、朝方は雲があったためか霜は降りていませんでした。しかしかなり肌寒く感じましたので、カイロやマフラーをしてその役目に挑んだのです。
 さてその資源ゴミはご覧のように何時もの状態なのですが、やや(ビール等の)空き缶は少なかったように思えます。何時もの月ならば後ろの塀の上まで積み上げるのですが、ご覧の様に塀が見えているのです。
 一方段ボールの方は何時もよりやや多めでした。贈り物や家の片付け等で出たのかも知れません。
 まあどちらにしてもこのゴミ(?)は地域自治会の資源にもなりますので、家庭で不要になったものは分別して搬入願ったらと、地域住民にお知らせしている処です。
 分別して出せば資源ゴミ、ただ捨てれば本来のゴミと化しますからね・・・!(桜54)

2014年12月14日日曜日

ゴミ回収(27:寒い中でのゴミ回収)

12月14日(日曜日)
 明朝は当地区の<資源ごみ回収日>です。
 明日朝の最低気温は1度、日中の最高気温は10度以下とかなり寒い日となりそうです。しかも小生が立ち当番の日なのです。
 午後から倉庫にある段ボールや雑誌類の荷造りをし、何時でも出せるようにしました。しかし予報では明朝の寒さを呈していますので、カイロやマフラーなども用意している処です。
 1年間のうち小生は6回の立ち当番をしますが、冬場の立ち番はきついですね。しかも風が吹いたり雪が降ったりした時は、後先見ずに帰りたい気持ちなのです。でもこれは地元の事業なので、何としてもやり遂げなければならないのです。
 まあ使命として、頑張りましょう!(桜54)

仕事遍歴(32:東京駅)

12月14日(日曜日)
 昨日のテレビ放送で<東京駅>の映像が出ました。
 先年新しくなった東京駅、小生もその昔はこの東京駅を利用していたのです。
 室戸岬から東京に転勤となり、羽田近く(蒲田)の寮から私鉄(京浜急行)に乗って品川まで、品川からは環状線で東京駅へ。東京駅北口から歩いて皇居前(二重橋の近く)まで行きお堀りの端道を気象庁まで。3年間通いました。
 その後は住居を世田谷に移しましたので、私鉄(小田急)を利用し新宿駅から中央線に乗って飯田橋か神田駅までとなりました。
 さてその東京駅には北口、中央口、南口という出入り口がありますが、その反対側には<八重洲口>という出入り口もあるのです。その出入り口(八重洲口)は当初からのものではなく、後で造ったものだそうです。小生達も八重洲口に出るには東京駅から半地下道的な道を通って八重洲口に出たものでした。そこからは銀座や有楽町にも近かったのです。
 そうした駅や通路は今でも何となく頭の中に残っています。もう50年くらい前の話ですがね・・・。  

2014年12月13日土曜日

自治会(31:横並びに)

12月13日(土曜日)
 先月は地元(狭域)神社の例祭があり、先々月は地域(広域)神社の祭りがありました。
 そういった地元との係り合いのある神社の宮司が、つい先日死去されたとの事です。
 地元自治会をはじめ多くの方が、日頃からの感謝を込めて近々供物を奉げるようにしている処です。その供物をどういった方法で行うのか数人で協議しました。
 現在一町内金〇〇円の拠出金とするよう協議している処ですが、ある町内では異論を唱える人がいるとの事で難航しそうです。ただ当町内の氏子総代には、「出来れば各町内を取りまとめてほしい。」と申し伝えました。
 各町内にはそれぞれ異論を持っている人が居ますが、それをいちいち取り上げ進行を遅らせるようでは先に進みませんので、当町内では<自治会長一喝>で事を進めたいと思います。(桜54)

ゴミ回収(26:袋詰め)

12月13日(土曜日)
 今日当地区では<ビン・カン>類の回収日です。
 毎週いろいろな種類のゴミの回収を行っています。その分類には、<ビン・カン>類、<不燃物>、<可燃物>及び<ペットボトル>類に分けられ、月1回は<資源ゴミ>の回収も行われます。
 その<資源ゴミ>には、新聞紙・雑誌(本類)・段ボール・乾電池及び空き缶(飲料水のみ)の回収を実施しているのです。
 
 しかし資源ゴミ回収当日雨となれば、<新聞紙>など紙類の回収が行われません。
 それ以外のものは、上記の様に毎週実施されていますのでほとんど家庭では保管する事はないのです。
 小生宅では、車庫内で子供達から持参してくるゴミ類は、<可燃物ゴミ>以外は全て小生がそれぞれの袋に分別し廃棄日まで保管するのです。
 そういったことで子供達の家庭では、可燃物ゴミだけ出せばよいのです。
 まあそういったゴミ分別を行えば、かなりゴミの量が減るのではないでしょうか?皆さんもお考えください。(桜54)

2014年12月12日金曜日

桜つれづれ日記(117:我が家を!)

12月12日(金曜日)
 孫から要望のあった<我が家>が何とか完成しましたが、まだ全てが終わったわけではありません。
 家(写真中央)や遊具(ジャングルジムや鉄棒)は未だ固定していないのです。また緑色の部分は花壇としますので、出来れば花や低木のものを作りたいですね。さらに門柱(右下)も作りましたので、それに付ける表札も。
 人間様(人形)の代わりに、おもちゃ箱の底にあった<ペンギン>の人形を置きました(家の前)。
 この作品もほとんどかまぼこ板です。
 ただ柵の横木部分は<柿>の枝を使用し、竹ひごで支えとしました。また敷地内の色付きの部分はハギレ布を使用しました。さらに敷地の部分はかまぼこ板6~7枚を貼り合わせたものなのです。
 まあ何とか様になりましたよ!(桜54)

2014年12月11日木曜日

自治会(30:意見交換)

12月11日(木曜日)
 昨夜は地元校区自治会の総会があり、秋に実施した敬老慰安会や市民運動会等の報告がありました。
 その会議の中で、今後数年間校区自治会で使用可能な金の使い道について協議しました。<防災関係>や<地域住民関連>に使用出来る物品等の意見が出たのです。
 先般理事会で粗方意見交換をしたのですが、総会での意見では新しい意見も出たのです。ただこの金は、自治会に加入していない人も関係する様なので、最終的なまとまりはありませんでした。小生も別の意見も出したのですが・・・。(桜54)  

2014年12月10日水曜日

日本の言葉(10:方言①)

12月10日(水曜日)
 日中は晴れていて少し気温は上がったのですが、湿度が低いせいかじっとしていると肌寒く感じます。
 さて日本の言葉には<方言>というものがあって、その地方地方だけにしか通用しない言葉があります。だから別の場所に行ってもその言葉の意味を呈しない時があり、話のつじつまが合わないのです。
 昔の人が、九州の人と東北の人が話すと<まるで話が通じない>などと言われることがあったそうです。今ではテレビやラジオが一般化していますので、そういった格差は無くなりつつあるようです。でもまだまだかな?
 小生は転勤族でしたので関西各地を回りましたが、その土地度地で聞く言葉やこちらの話す言葉が時には通じない事がありました。
 例えば、当地の言葉で<行ってくる>という言葉があります。
 これは<行く(行きます)>という言葉に接尾語が付いただけなのですが、<行く>という言葉と<来(ク)る>すなわち<帰る>に置きかえられる様で、<行って、帰る>の意味にとられるのです。
 こういった方言等はテレビ等の中でも時々は解説的になっている場合もありますが、中にはそのまま使われている時があり<意味不明>という感覚の時があります。
 まあ!そういった点で面白い時もありますがね・・・。(桜54)

健康管理(78:定期診察に)

12月10日(水曜日)
 今朝も霜の朝を迎えましたが、気温はさほど下がっていません。というのは観測所(数値)は海側、小生宅は山際(観測)なのです・・・。
 さて日々冬の到来が告げられていますが、小生の身体もあちこち冬が到来しているようです。
 昨日定期的に行っている医院へ診察に行きました。その折「ちょっと風邪気味のようです」と言いましたが、医師は「まあそれほど気にすることはないでしょう。急に温度変化のある所は行かない方が・・・」などと気を使って頂きましたが、今年は小生の身体が少し例年より変化したのかも知れません。
 まあ年齢は重ねるもの、身体は年々変化するもの、また気象の方も年々変化するものなので致し方ないのでしょうか?
 今回も、何時もの薬をもらって帰りました。体力・気力で進行を抑えましょう!(桜54)

2014年12月9日火曜日

健康管理(77:老骨に鞭!)

12月9日(火曜日)
 今朝は気温の割りには寒く大霜でした。
 さて小生達夫婦は、年々高齢化する両母親を介護しながら生活をしていますが、小生たち自身がその両親に向かって歳を重ねています。
 そういった現状で、小生たちも生活環境が年々変わっているようです。
 女房殿は足腰弱って来ていますし、また行動自体もやや緩慢となってきました。更にあれこれとやらねばならない事があっても、中断しますとその行為が忘れられ、「あれ?これ何をするんだったのだろうか」と反省することしきり!
 小生自身も色々と作業をして手足に小さな傷を作り、「この傷何時何処でしたのだろうか?」と頭をかしげること・・・・。
 そういった年齢加算と共に増える<度忘れ?>的な日常生活が増えていますので、これからはお互い気を付け助け合いながら生活しなければなりません。
 これが本来人間の生活なのでしょうか?(桜54)

2014年12月8日月曜日

宇和島を知る(60:旗建て完了)

12月8日(月曜日)
 今日は寒気の底らしくかなり肌寒い1日となりました。
 午前中は我らのイベント、<さくら祭り>に係るチラシ作製の検討会を実施しました。
 その一方で、来年から始まる<伊達入部400年祭>に係る事業も少し話を交えました。
 さて小生は、地元町内を通る道(旧宿毛街道)の両側に計14本の<伊達入部400年祭>ののぼり旗を建立し、この道を通行される<お四国さん(又はお遍路さん)>と呼ばれる方たちに宣伝している処です。
 お遍路さんの多くはこの旧街道を通行されますので、歓迎と共に<宇和島伊達入部400年祭>の宣伝旗が目に付くようにしているのです。
 ようやくこの頃、市内あちこちにこの旗を見かけるようになりましたので、「少しずつ盛り上がっているかな?」と思われます。
 仙台伊達様と同じように宇和島伊達様が皆様の心に残る様、この地においでになればいろいろとお接待致します。
 心待ちにしていますよ!(桜54)

仕事遍歴(31:冬は確実に!)

12月8日(月曜日)
 今朝当地では初霜を観測し、早速報道機関に投げました。朝の最低気温は1.6度となっていました。
 さて小生は、こういった冬の到来を示す指標のそれぞれを、当地にあった測候所が無くなってから観測及び記録を続けているのです。
 今年初観測をしました<霜>は、ここ10年では最も遅い観測日となっています。最も早かったのは2010年と2012年の11月16日なので、およそ3週間も遅いですね。
 先日は宇和島の後背にある<鬼が城山>で初冠雪、また同日にはアラレを、一昨日には雪を観測しましたので、冬は確実に到来しています。
 今後は<0度以下の初日>と<氷>及び<積雪>の観測です。また冬を示す植物の観測も注意深くしなければなりませんね!(桜54)

2014年12月7日日曜日

家の管理(75:やや不便?)

12月7日(日曜日)
 小生宅はどの部屋にも<置き時計>か<掛け時計>があるのですが、先日小生の部屋の掛け時計がダウンしました。
 そのため、何時も起きた時や仕事が一段落した時には見て次の行動を起こしていたのですが、時計が無くなってからも時々その癖が付いていましたのでその場所に目をやるのです。でも時を知らせる時計がありません。だから隣りの部屋か腕時計を見て時を知るのです。
 こういった<慣れ>というのは恐ろしいもので、癖が出たりまた無いとやや気持ちの落ち着きが無くなるのです。
 時計に限らずどのような物でも、普段それによって行動した物が無くなると<不便さ>と気持ちの<不安さ>が出て来るようです。
 無くなった(故障した)時計は貰い物だったので、故障しても致し方ありません。新しく時計を購入するか、気持ちの落ち着くまでしばらく我慢しましょうか?(桜54)  

健康管理(76:なかなか治らぬ!)

12月7日(日曜日)
 今朝はこの冬一番の冷え込みとなり、いよいよ霜の下りる季節となりました。
 さてそういった冷え込みと共に、小生達老齢者の体調管理が一段と厳しくなってきたのです。
 風邪を引き易くなったりまた手足の霜焼けが広がったり、更に何処からともなく襲ってきた花粉症に悩まされるのです。
 小生はそれほど病気などはしませんが、今年は木工細工等で傷を作るとなかなか治らない状況になってきました。これも体力の低下だと考えられます。
 女房殿は本日健康診断に出向きますが、果たして年齢的に見合う体力なのでしょうか?
 冬場の気温低下等が益々体力低下と繋がっていますので、体温を下げないよう努力しなければなりませんね!(桜54)

2014年12月6日土曜日

桜つれづれ日記(116:注文住宅を!)

12月6日(土曜日)
 今日は風が強く、日中の最高気温は8度余りと上がっていません。また北西の風は平均風速でも10メートル余りと強く、更に瞬間風速でも22メートル余りも吹いているのです。その上湿度も低いのでかなり寒く感じます。
 さてそういった中、孫の一人から<注文住宅>の依頼があり、数日前から取り組んでいる処です。しかも庭付きなので今の処四苦八苦した状態が続いています。
 庭付きとなると平屋建てでは駄目なので、2階建てまた別棟も作らねばなりません。
 そういう家はなかなか工夫が要りますので、頭の中でいろいろ考えたりまた周辺の家を見ながら参考にしているのです。
 ビルの様な四角い家ならば比較的思いつくのですが、屋根がありテラスがありまたいろいろな付属品が付くような家は作業が大変なのです。時には植木を作ったり動物を作ったりと・・・。
 まあそういった作業も頭の体操や手のリハビリにもなりますので、試行錯誤を繰り返し・手作業をしながら少しずつ進めるつもりです。
 さて?どうなるのでしょうか?(桜54)

防災を考える(31:雪の害)

12月6日(土曜日)
 昨日・今朝と、四国のほぼ中央で起きた雪の害についてのニュースが、ラジオから流れて来ました。
 四国のほぼ真ん中を、東西に流れる吉野川(徳島県)に沿って走る国道で起こった<雪害>事故なのです。
 この国道の上には高速道路があるのですが、この道が降雪のため通行出来なく下の国道を大型トラックなどが走行していたそうです。
 しかし寒気の影響と地形との絡みで、この地域ではかなりの降雪となって次第に通行不能となり、次々と走行する大型車がストップ。とうとう130台ものトラック等が雪の中で立ち往生し、二進も三進(ニッチモサッチ)も行かなくなったそうです。
 四国でこのような雪害が起こる事はめったにないのですが、早々に来た寒気の影響なのです。当地でも(昨年?)に起こった雪による事故も発生したのです(これはテレビ放送や新聞に載りました)。
 近年は北海道での大洪水や南国での雪など、今まで滅多に起きない気象現象が各所で発生していますので十分お気を付け下さい。(桜54) 
  

2014年12月5日金曜日

健康管理(75:寒さに震える!)

12月5日(金曜日)
 今朝の気温はそれほど下がってはいないのですが、湿度が低く風が強いのでかなり寒く感じます。
 さてこういった気象状況の下では意外と風邪を引き易いので、健康管理には十分ご注意願います。といっても小生自身気を付けねばなりませんね!
 こういった<風>、<気温>、<湿度>などは体感的にかなり効いていますので、自身の体温が失われないような工夫が必要です。
 例えば、風を通さない衣類にするとか、体温を保持する衣類に、また薄手の衣類を重ね着するなど、色々とその状況に応じて対応しなければなりません。
 小生は夏でも冬でもほとんど2~3枚で過ごしていますが、風が吹いている時には風を通さないジャンパーを着たりします。
 そうした健康管理はこれからの季節は十分必要だと感じますので、年齢に関係なく快適な生活が出来るよう心掛けて下さい。(桜54)

2014年12月4日木曜日

宇和島を知る(59:伊達400年祭のぼり旗)

12月4日(木曜日)
 先日行政から頂いたのぼり旗を小生宅周辺に建てました。
 来年3月末日からは、<伊達400年祭>が始まります。
 その祭りを盛り上げようと小生は桜植やイベント等に関わっていますので、小生宅周辺を通られるお遍路さんにもアピールするように建てたものなのです。
 ご近所の方には数日前、家の片隅や駐車場のポール等に設置して頂くようにお願いして了解を得ているのです。
 今日は少しばかり雨が降りましたが、その合間を縫って5~6本建てました。まだまだ足りませんので、これからも小生宅前の道筋に10本くらい建て、のぼり旗の並木にしたいと思っている処です。
 小生宅においでの方又は通行される方は、ぜひこの旗を見て盛り上げていただけたら幸いです。(桜54)

家の管理(74:ままに成らぬ?)

12月4日(木曜日)
 毎朝の事ながらメール着信のチェック、全国各地の新聞記事のチェック、気象状況の確認、また小生自身の事象等の打ち込み等を行っているのですがその一部が出来ませんでした。何回やっても同じ状態なのです。
 しかたなくその作業を中止しました。
 その作業とは、ブログに掲載する写真を何時ものように(携帯から送信した)メールを開けパソコンに取り込むまでは良かったのですが、そのパソコンに保存した物が見えなかったのです。何回やっても同じなのです。よって本日のブログには写真掲載は出来ませんでした。
 小生達の様に高齢者となりますと、一度壁にぶつかると先へ行けない事が多いのです。何時もの手順がやや違っているのでしょう。もう頭の中はパニック!後刻義息に応援を求めるつもりです。
 よって本日のブログは、文字だけの公開とします。悪しからず!(桜54)

2014年12月3日水曜日

宇和島を知る(58:やっと4本目!)

12月3日(水曜日)
 宇和島市内のあちこちに<桜を植えよう>と奔走している処ですが、本日ようやく小生自身は4本目の<桜植樹賛同者>が集まり行政に行き手続きを行いました。
 間もなく植樹が始まりますので、それまでには数多くの桜の本数(賛同者)を集めねばならないのです。
 小生の身近に居られる方、ボランティア活動者、また遠くは小生と関係する方、更に学生時代の関係者やその他・・・にも。
 ただ植樹する場所に関しては、①将来的な管理運営が厳しい現実がある点、さらに②市民感情を害した箇所の植樹が出来なくなった事、また③市有地等公共的な土地が主流・・・等、いろいろ制約があります。
 また一方で、行政や市民側での動きが良くないのです。現状では、我々関係者だけが右に左に動いている状態です。
 こういった事で何とかこの伊達入部400年祭を盛り上げようとしているのですが、未だ未だ浸透していませんね!
 これから何度も何度も、行政や関係者の尻叩きに行かねばならないのでしょうか?(桜54)  

日本の苗字(18:読めぬ苗字や名前)

12月3日(水曜日)
 今朝は風も治まりやや気温が高くなっていますので、ややしのぎ易い朝となっています。
 さて小生の孫の一人に難しい名前が付きましたが、慣れて来るとそれほど違和感はないものの他人様からは中々そのようには読んでいただけません。
 小生が集めています苗字でも、同じ漢字の並びで6~7通りもあるものがあります。
 そういった方へ人々の前で声を出して読んだ場合、果たして振り向いたり何かアクションがあるのではないでしょうか?
 その人に対して言った言葉でも、その本人には全く別人の名前になる事もあるのです。中には男性名であっても、女性として扱わる場合もあるのです。
 近年はテレビの放送時でも、また新聞や雑誌等でも、またほとんどの書類等にも<振り仮名>が付くようになっています。
 本人に対して間違った呼び名や書類が来た場合には、<不愉快>な事例や<誤った判断>でのいざこざが起こるとも限りません。
 名前を公表する場合には、必ず振り仮名を振るよう心掛けましょう。(桜54)   

2014年12月2日火曜日

仕事遍歴(30:冬の初もの)

12月2日(火曜日)
 今朝の最低気温はそれほど下がっていないのですが、上空では徐々に気温が下がっているようで<初もの>を観測しました。
 小生はその昔から気象に携わっていますので、季節を現わす指標等を克明に記録しているのです。その一つに冬を告げる雪があります。
 日本付近は強い冬型の気圧配置になっていることから、上空にはかなり強い寒気が入り各地で雪の便りが届いています。当宇和島でも関門海峡から流れ込む寒気の影響で、当地の後背の山<鬼が城山>では雪の冠った状況が見られました。また未明から今朝にかけ時々アラレも降ったのです。
 そういった気象関係の状況を、気象台や地元の報道機関にも投げました。
 まあどちらにしても冬は確実に来ていますので、皆さんも本格的に冬支度を始めて下さい。
 元気なお姿を、来春にはご披露願います。(桜54)

学習してみよう(20:地形の影響)

12月2日(火曜日)
 上空に強い寒気を持つ空気が大陸から押し寄せ、日本付近は強い冬型の気圧配置となってきました。
 このため日本付近は縦じまの線が何本も走り、北海道から西日本まで強い風と共に所々で時雨(シグレ)ています。さらにこの寒気の影響で日本海側を中心に雪となっている模様です。
 当地ではまだ雪は確認していませんが、早朝アラレが降りました。<初アラレ>です。
 この様な風やアラレは、どうして吹いたり降ったりするのでしょうか?
 まずは空気(気圧配置)の状況が第一に挙げられますが、次には地形の影響があるのです。
 皆さんは四国で<雪>が?と思われる方が居られますが、当地は関門海峡から流れ込む風がちょうど<北西の風>になった時、冷たい乾燥した空気が瀬戸内海の暖かい海面から水蒸気を補給し雲を作り、四国山地にぶつかって雪を降らすのです。
 よって北西風の時には宇和島市を中心とする南予地域に、西寄りの風の時には松山を中心に、更に北北西風の時には高知県宿毛付近まで雪の降る事があるのです。また後背にある山岳も関与しているのです。
 こういった気圧配置の時には、寒気と地形との絡みでいろいろと変化のある気象が生まれるのです。(桜54)  

2014年12月1日月曜日

桜開花観測(35:進まぬ植樹話し)

12月1日(月曜日)
 午前中にあるお寺に参上し、桜植樹に係る経緯と共に<お断り>のお話をしました。
 行政の方には色々と意見が持ち込まれ、小生達が行っています行動にクレームを付ける方が居ます。そういった声を無視には出来ませんので、ある方向に沿ってそぐわない場合には中止の方で検討しました。
 一方桜植樹に関して行政の動きがそれほど良くありませんので、ちょっとだけ釘を刺しました。
 まあ何とか動いてはいるものの、カタツムリ的存在です。
 さらに別の方面では、あるお方の体調が今一つなので桜植樹(土地造成)の件がストップした状態なのです。
 そういったことで小生の作業としては<ノロノロ>の状態ですが、ストップする訳には行かないのです。
 来年早々からは<桜開花観測>に向けての作業も始まりますので、出来るだけこれらの話を進めたい(動かしたい)のですが・・・。(桜54)

桜つれづれ日記(115:サイドボード)

12月1日(月曜日)
 昨夜遅くから今朝にかけ、当地では強い雨が降ったそうですが小生は全く気が付きませんでした。これから次第に冬型の気圧配置となるため、徐々に気温は下がって来るでしょう。
 さて小生は<かまぼこ板>を使って小作品を作っている事はご存じだと思うのですが、一昨日ようやく写真のものが出来上がりました。
 この作品は以前作ったサイドボードを摸したものですが、今回の作品の中では<扉の様式をどうするか?>で迷いました。
 以前のものは扉がありませんのでスンナリと出来たのですが、今回のものはまずは<引き戸>にする計画だったのです。しかし材料となる薄いかまぼこ板の調達が出来なかったこととその手法にはやや困難性があって、今回の作品ではアタックしなかったのです。
 まあ色々な手法を用いて、更なる前進に向け頑張るつもりです。(桜54)
 注)サイドボード上のテレビはその昔使った<しおり>を切り取って画面としたもの、また画面下と側面にはスイッチや押しボタンを(ネジで)装置しています。またサイドボード内には、酒瓶とグラス(2個)も作っています。

2014年11月30日日曜日

桜つれづれ日記(114:木工作品の数々)

11月30日(日曜日)
 今日は孫の一人の誕生日です。<おめでとう!>
 さて本日やっと次の木工作品が出来上がりました。
 この作品は写真ほぼ中央にあるタンス(右側)のもので、整理タンスとなっています。
 タンスの上段右側は小さな引き出し、同左側は小さな扉を付けています。また下2段は大きな引き出しにしていますので、いろいろな物を入れる事が出来るのです。
 この作品はかなり以前から作っていたのですが、材料となる薄いかまぼこ板がなかなか手に入りませんでしたので進展しなかったのです。やっと今日午後になって入りましたので、引き出しの一部に使用し接着剤で固定しました。
 これらの作品は小生宅玄関ギャラリーに飾っていますので、もし見学される方はご連絡を!
 写真中央の<牛鬼>は最初頃の作品なので、角に丸味はほとんど付けていません。(桜54)

健康管理(74:風に乗って)

11月30日(日曜日)
 今日は11月最後の日、明日からは12月(師走)となりいよいよ今年最後の月となりますね。
 さて今朝のラジオ放送からも、良くないニュースが舞い込んで来ました。
 鹿児島県出水市には毎年越冬するツルが飛来するのですが、その中に<鳥インフルエンザ>の菌を持ったツルが居たそうです。
 鳥は人間様の様に病院等でその症状を緩和や治す事が出来ませんので、死んでこの世を終るしかないのです。また時には人間様に症状の一部が影響する事もあるのです。
 一方今年のニュースの中では、中国大陸から飛散した<PM2.5>や御嶽山・阿蘇山から噴出する<火山灰>もあり、人間様にとってはやっかいな産物(呼吸器疾患の原因)なのです。
 また来春には毎年恒例の<花粉>の飛散もあり、風に乗って思わぬ地域でこの影響が出て来ますので、その症状に悩む方は十分注意や症状緩和の措置が必要です。
 適当に雨が降ればその原因が緩和されたり消失したりしますので、時には<雨様々>かも知れませんね!(桜54)

2014年11月29日土曜日

家の管理(73:書類提出)

11月29日(土曜日)
 午後県都松山市から書類が届きました。
 小生はその昔、松山市内に2度ほど居住してた事がありました。その時宿舎近くに家を購入しましたが、直ぐに転勤となりその家は借家として現在に至っています。
 その借家に係る更新手続きが来ましたので、近々書類を作成し提出しなければなりません。
 そのためには図面や写真等が必要となりますので、県都に出向かねばならないかも知れません。まあ親戚内もありまた知り合いもありますので、写真等はメールででも頂くことが出来るのです。図面の方は全く変化がありませんので、以前のものが使えるのです。
 近日中に関係者に連絡を入れ書類を作り、なるべく今年中に事を済ませるつもりです。
 中々頭の休まる時は少ないですね!(桜54)  

学習してみよう(19:要請はあったが・・・?)

11月29日(土曜日)
 小生の机の前には小さなカレンダーが置いてあるのですが、その空欄にそれぞれ予定を簡単に書き入れているのです。しかし来月のある所に頭の中に無い言葉が入っていました。
 それはある団体への<講義?>の様なのです。
 その担当者に連絡を入れたのですが、その人ではありませんでしたので「別の人に聞いてみる」とのことでした。
 後10日ほど先なので、もしその件が本当なら直ぐにでもシナリオを作って頭の中に入れなければならないのです。
 今日はそれに関して、校区内の関係者2~3人に連絡を入れたのですが・・・。
 週明けにでも再度、・・・に連絡を入れてみましょうか?(桜54)  

2014年11月28日金曜日

家の管理(72:いよいよ始動)

11月28日(金曜日)
 いよいよ今日から年賀状の裏印刷を始めました。
 例年まずは裏書きから始め、宛名を次に書き、裏の余白に1~2行ほど手書きで書き入れるのです。とその前に、今年喪中の方へは年賀状住所録の欄に<喪中>と記載し、出すのをストップするのです。
 そういった作業を今日から1週間かけて実施する予定です。その後は宛名書きと一言を添えますので、丁度25日までは終了させるようにします。
 小生の方はほぼ計画通り事が進むのですが、女房殿はいろいろと用事があるのか予定通り進みません。時には30日頃までかかり投函した時もありました。
 年賀状は年1回のご挨拶です。親戚・友人・お世話になった人・また上司や部下にも。さらに関係する人や・・・・・。
 近年はこの年賀状を出さずに電話やメールで事を済まされる方が居られますが、出来れば文字として賀状を出すのが礼儀ではないでしょうか?(桜54)

自治会(29:校区自治会役員会)

11月28日(金曜日)
 昨日はあっちへ行ったりこっちへ来たりと移動する事が多かったのですが、今日は予定が入っていませんので家でじっとしているつもりです。
 さて昨夜、明倫校区自治会の理事会がありました。
 その中の議題の一つに、<防災>に関する事項があったのです。その件に関して各理事さんからいろいろ意見が出ましたが、結局は纏まらず数点を総会で提案し出席者の意見を聞くようにしました。
 購入物品にしてもまた設置(保管)するにしても意見が分かれたのです。しかも自治会には会員も居れば非会員も居ますので、どういった措置をすれば良いのか意見の纏まりが無かったのです。
 小生からは防災用品の<簡易消化器>を提案しました。これを年次数台ずつ購入し、自治会役員宅に設置するものです。
 この案は当自治会で数年前まで実施した経緯があるのです。
 どちらにしても近い将来発生する<南海地震>に対応出来る物品の購入(設置)なので、かなり意見が分かれたのです。
 来月の総会には数点に絞っていろいろ意見を聞くようにしました。さて結論はどうなるのでしょうか?(桜54)

2014年11月27日木曜日

桜つれづれ日記(113:宇和島を離れて)

11月27日(木曜日)
 昨日門松を作る下準備をしましたので、今日は午前中に警察署正面玄関脇に大門松を作ったそうです(小生は手伝いに行きませんでした)。
 さて今日は両母上殿が不在だったので、女房殿のお供で久々宇和島の地を離れました。
 宇和島から一般国道を使って北東方向に行き、途中の<鬼北町>という所に顔を出しました。
 この場所は宇和島の東側にそびえる<鬼が城山>の北側に当たる処から、<鬼北町(キホクチョウ)>と言われる町なのです。
 そこに女房殿の父上が入院していた際、その隣のベットに居られた患者さんの奥さん宅が有るのです。その方とはその時以来ずっと交流を続けていますので、女房殿が「ちょっと行かない?」との事で足を延ばしたのです。
 車で30分前後の所なのと、その昔(松山との往復で)通い慣れた道の近くだったので<思い立ったが吉日>、直ぐに車を出しました。
 ご主人を亡くされ一人住まいだったので、女房殿とは時間を忘れるほど話が弾んだ様です。
 今日は天気も良く、気持ちの良いドライブ日和にもなりました。(桜54) 

  

今日の食卓(12:副産物いろいろと)

11月27日(木曜日)
 天気が徐々に冬場に向かっていますが、その昔に比べやや暖かく感じています。
 さて昨日ご近所の方から採りたての胡瓜(キュウリ)を頂き、早速夕食の食卓に上り美味しく頂けたのです。またその近くの方からも「今日釣ってきた魚です」と言って魚(小アジ)を頂きましたので、この方も刺身にして夕食の食卓に上り、小生はこれを肴に一杯!とても美味しく頂けました。
 その数日前には、自前で作っておられる大根を数本頂いた事もあるのです。
 その他、家で作られた柚子(ユズ)や人参など根菜類も頂きましたので、それぞれ夕食か翌日には食卓に上ったのです。
 日頃からいろいろな人と交流していますと、思わぬ副産物を手に入れる事が出来るようです(写真は、本日頂きましたユズとハヤト瓜です)
 その昔は<向こう三軒両隣り>といった風習があったのですが、今では<隣りは何をする人ぞ!>と以前とは違った見方となっているようです。
 ご近所の方とは親密に、またお知り合いとも親しくお付き合いが出来ると良いですね。(桜54)

2014年11月26日水曜日

家の管理(71:来なくなった!)

11月26日(水曜日)
 先日から1日10数通も迷惑(怪しい)メールが舞い込んでいましたが、今日は朝から1通も着信していません。
 小生はこのメールを見るなり直ぐ<削除>ボタンを押して画面から無くする様にしていましたので、相手の機械が<業を煮やした>のでしょう。全くそれらしきものの着信が無くなりましたので、ホッとした半面何か気が抜けました。
 数年前にはこの着信メールのため警察に届けたことがありますが、今年は自分なりに操作をして<機械に勝った>のです。
 こういった送信方法は、自動的に発信可能なものが出来ているとの事なので、機械が根負けしたのかも知れません。
 例えば100回くらい着信拒否すれば自動的にストップするとか、またはアドレスの変更とか、更に電源<OFF>にすれば良いのかも知れません。
 どちらにしても迷惑メールの着信が無くなったことで、安心して夜も昼も行動出来そうです。(桜54)

補導と指導(46:要請)

11月26日(水曜日)
 この処天気の移り変わりは激しく、晴れたと思ったら急に曇りまた雨も降ったりします。そういった状況の中、日々年末に向かって時は流れています。
 さて明日は交通安全協会が警察署前に大きな門松を作る事になっていますが、その前段として本日土台作りを行います。
 土を袋に詰める作業のお手伝いを頼まれたのです。
 小生宅はこの警察署の近くに位置しますので、いろいろな行事で人手の足らない時には<電話要請>があるのです。
 今回の場合も、昨夕市内支部長から参加要請がありました。
 「腰が・・・」と言いますと、「袋を持つだけでも良いよ!」と言われましたのでお手伝いに行く予定です。
 まずは年末年始の交通安全を願って、土台作りから始めましょう!(桜54)

2014年11月25日火曜日

補導と指導(45:表彰)

11月25日(火曜日)
 今年も<優良運転者>及び<交通功労者>の表彰を行うよう準備を進めている処ですが、該当者にそれぞれ当ってはいますがなかなか難点があるようです。
 というのは、今年に入ってちょっとした事故を起こしたりまた区域外に転出したりして、該当者がやや少なくなっているのです。
 つい先ほども関係者に打診をしたところ、「おしかった」との言葉・・・。やはりちょっとしたはずみの人がいました。
 運転者はかなり周りに気を付け走行しなければなりませんが、暗闇から出て来られたり、また一旦停止をしない自転車が出てきたりと思わぬ<不幸>が舞い込む事があるのです。
 こういった交通事故というのは、自己都合(体調不良等)による損傷(自損事故)や法規等を守らない相手からの事故(もらい事故)もあるのです。
 近年は車社会となっていることからかなりの事故件数が増えていますので、<車に乗らない人>・<運転しない人>でも、交通ルールを守ればかなり事故は防げるのです。
 そうした注意を何時も考え行動されている方への表彰を、近々実施する予定です。(桜54)

桜つれづれ日記(112:小さな本棚)

11月25日(火曜日)
 今朝は生憎雨が降っています。また明日も雨の可能性があるとの事です。
 さてそういった外出が出来ない時には、主に倉庫(車庫)内で木工細工を行っているのですが、昨日の場合は晴れていましたが外出が出来ませんでしたので上記の作品を仕上げました。
 この作品はそれほど手間暇(ヒマ)かけるものではありませんので、張り合わせと乾燥に1日かかりまた組み立てに1時間ほどかけたくらいで仕上がりました。
 高さ10cm程度のものなのと、切り込みなど細かな作業がありませんので時間短縮でした。また下段にある本は小さな木切れに紙を貼ったものや、紙数枚を重ねて本らしくしたものを置きました。ちょっとした本箱に見えるでしょう!(桜54)

2014年11月24日月曜日

桜開花観測(34:4本目の・・)

11月24日(月曜日)
 宇和島伊達入部400年祭に係る<桜記念植樹>賛同者を集めている処ですが、本日ようやく4本目(1本20名計80名)の賛同者が集まりました。よって近日中に行政へ出向いて、植樹申請を行う予定です。
 近隣の居住者や小生が属する団体、またあるお方から依頼された諸氏の絶大なる賛同があったため、このような数値となったのです。
 記念植樹場所は初年度については凡そ決まっています(天赦公園・和霊公園・丸山公園等)が、ただ一部工事中の所があってやや遅れそうです。しかし小生達は黙々と賛同者を集めねばなりませんので、まだまだ時間は掛りそうです。
 行政の取り組みもやや遅れている様なので、週明けにはハッパをかけに行かねばなりますまい!
 頭の中の構図では、あちこちに咲く桜の姿が映っていますので、その夢を壊さないようお願い致します。(桜54)
 注)県内外の方でも、この記念植樹にご賛同される方はぜひご一報願います。☎0895-25-3983又は090-4973-0916

健康管理(73:物忘れ)

11月24日(月曜日)
 昨夜は直会(ナオライ)でちょいと・・・。
 近年いろいろな事があるのか、またこの身体の老化か判りませんがどうも<ボケ>が出始めたようです。
 昨夜の行動が思い出せない事があり、「こんな事があったがどうした?」と聞きますと、「それは昨夜も聞きましたよ」との返事。酒を飲んだので忘れたのか、はたまたボケの症状で思い出せないのかその記憶がないのです。そういえば言ったような気もするのですが・・・。
 どちらにしても年々記憶量が少なくなっていますので、新たな事項の入るスペースが無いのかも知れません。
 頭の中をもっと<整理整頓>しなければなりませんね!(桜54)  

2014年11月23日日曜日

宇和島を知る(57:祭神と餅まき)

11月23日(日曜日)
 今日は地元氏神様の例祭日でした。
 小生達自治会長と氏子総代は午後から、三島神社神主にお願いし地元繁栄と家内安全並びに子孫繁栄を願って祝詞を上げていただきました。
 その後場所を少し移して、恒例の地元民への餅まきを行い多くの方の参列を頂きました。
 金勢神社の社主(守り神)はご覧の様な石造りの神様で、男根を抱いたゆゆしいお姿です(?)。と言っても顔はそれほど深くは彫っていないようです。
 江戸後期から続いている地元氏神様の祭りですが、このような祠は地元だけの祭りでした。しかし近年は<餅まき>と銘を打つと何処からともなく人が集まるようです。
 まあ今年もあちこちからの参詣者で、広場にはまあまあの人出でした。(桜54)

防災を考える(30:日本は地震・火山国だ!)

11月23日(日曜日)
 今日は<勤労感謝の日>ですが、小生は最早(モハヤ)リタイヤした老人となっていますので少々無縁かも知れませんね・・・。
 さてテレビやラジオから流れる情報には、昨夜長野県北部で発生した地震の件が何回となく報道されました。こういった地震、また先日噴火した御嶽山の爆発は日本人にとって日常起こる自然現象なのです。
 いくら日本の北にまた南に移動しても、決して避ける事の出来ない事実現象なのです。でも何とかしたいですね!
 火山噴火の場合は<活火山>や<休火山>に指定されている山に近づかない事がまず第1条件ですが、でもそういった山はまた魅力があるものです。美しい紅葉や雪を冠った姿、また登る楽しみを備えた自然があるようです。
 一方地震の方は、日本全国至る所で瞬時に発生しますので防ぎようがないかも知れませんが、自分自身の行動がうまくマッチすればある程度の防御になっているようです。
 その行動とは、<日頃の行動>がその防御に役立っている事実がありますので、<とっさの動き>が出来るよう日頃から少しでも気を配っての考え等がほしいものです。
 まあ文字には書きましたが、なかなかそういった動き(行動)は出来ないかも知れませんがね。悪しからず!(桜54)

2014年11月22日土曜日

家の管理(70:不穏なメール着信)

11月22日(土曜日)
 昨夜は気圧の谷の通過で雨が降りましたが、今朝はやや雲は多かったものの次第に晴れて来ました。
 さて今日、突然小生の携帯にメールが何回も入るようになりました。
 中身はそれほど検索しませんが、発信者名は女性名でした。また内容の一部には5~600万円ほどの金が入るような内容だったと思います。
 小生は発信者不明の場合は直ぐに消去しますので、細かい事は分りません。
 以前にも何回か入って来た事がありますが、何時も消去していますと2~3日で来なくなりました。今回もそういった手法で消去する事にしています。
 小生宛のメールは、携帯電話会社か子供達からなので直ぐ分ります。また来ても良く読まない事がありますので、メールを送って来ても直ぐ電話がかかる事が多いのです。
 どちらにしても、小生に連絡される場合には携帯電話か家の電話にかけて下さい。携帯電話でも表示(発信者)不明の場合は直ぐ切る事が多いのでご注意を!(桜54)

桜つれづれ日記(111:今朝の新聞から)

11月22日(土曜日)
 今日は<いい夫婦>の日だそうです。言えば文字のごろ合わせです。
 さて今朝の新聞には小生と関係する記事が載っていました。と言っても小生自身が記載されているわけではありません。言えば仕事に関係する事項(表題)なのです。
 最初の記事は先日近隣の町で行われた公演の記事で、「日本の桜と身近な植物」と題したものでした。
 ある大学の名誉教授の話では、<生態系の頂点はあくまで植物であり、その恩恵を忘れないでほしい>というものでした。小生にも関係者から受講要請があったのですが、別口があり行けませんでした。
 一方別の記事(ふるさとの風景)では、その昔小学校にあった<百葉箱>の内容記事でした。
 なんだか秘密の箱の様な物の中に色々な機器が収納されていましたので、当時の学童は興味津々で覗き込んだのではないでしょうか?
 気象観測の基礎である温度(気温)や湿度を測る機器が収納されていましたので、当時では理科の先生か依頼された児童しか触る事が出来なかったのです。
 小生はこのクラブに志願しました。その結果授業中であっても定時(10時)になると授業を抜け出す事が出来たのです。まあそれが一つの<優越感>に繋がったのかも知れません。
 まあそういった現在(桜)・過去(気象)に関連する記事でした。(桜54)

2014年11月21日金曜日

宇和島を知る(56:新しいしめ縄で)

11月21日(金曜日)
 今朝は地元氏神様境内の掃除と旗建てを、各町内の自治会長と氏子総代で実施しました。
 この祠は以前にも書きましたが、江戸後期に建立されたもので火気を司る(ツカサドル)神様です。この神社のおかげで地元では火付け(放火)以外はほとんど火災はありません。その一方で男根の神様(?)でもある様で、それを誇らしげに掲げている祭神も祭られているのです。
 そうした祭神の例祭を23日に挙行しますので、今朝は旗建てと境内の掃除を、また今年は新たに注連(シメ)縄を作り替えましたのでその設置も実施しました。
 例年ながらこういった作業は地元ならではの行事なので、今後も若い人たちを交えながら末長く伝承したいですね。(桜54)

桜つれづれ日記(110:無駄な金遣い?)

11月21日(金曜日)
 今朝はかなり冷え込んだと思ったのですが、気温的には未だ未だでした。
 さてこの23日には地元の神様<金勢神社>の例祭が開催されますので、今日はこれから旗建てと例祭用の準備を行います。これには地元町内の自治会長・氏子総代総出で行います。
 さて今朝のラジオ放送からは、国民の税金の無駄遣い的な話が出て来ました。それは<総選挙>なるものです。
 たしかに議員が提唱した意見を国民に聞くという事は悪い事ではないのですが、膨大な金(600億円とか?)がこれによって消化されるそうなのです。
 今回の争点に隠れた<議員定数削減>は何処に行ったのでしょうか?いまの日本を牛耳る国会議員や地方の議員の無駄遣いの多い事!!発覚して泣き落としか!!中には欠席しても金を受け取る議員も!!
 今の議員数を半減しても事は済むのではないでしょうか?
 国会議員はもっと身を切るよう、議論実行してほしいものです。(桜54)

2014年11月20日木曜日

宇和島を知る(55:無料高速道を)

11月20日(木曜日)
 宇和島市は4市町が合併してから、東西南北に広域となり愛媛県内でも広域市町に属するようになりました。また高速道が松山(大洲)から南伸し、宇和島市を南北に貫いています。
 そうしたことで、旧津島町に行くには高速道を使えば短時間で行けるようになり、また近い将来には旧津島町の南端まで高速道が伸びるようです。そうしたことで、県外(高知県)に行くにもかなり時間短縮となりそうです。
 この市内を南北に貫く高速道路は全て無料区間となっていることから、近年はこの道路を利用する人がかなり多くなりました。よって旧国道沿線は次第に衰退の一途をたどっているようです。でもその道は生活道路にもなっていますので、ある水準まで落ちれば止るでしょう。
 そういった旧道・高速道を女房殿を連れて午後から一気に走り抜けましたので、久々のドライブとなりました。また今日は午後から晴天となりましたので、気分も爽快でした。(桜54)  

日本の苗字(17:セ-ハ・マ・ヤ行)

11月20日(木曜日)
 今朝もやや冷え込みましたが、霜までは確認出来ませんでした。
 さて上記の行では苗字数がかなり少なく、セ-ハ行で1姓、セ-マ行で4姓、セ-ヤ行で2姓でした。
 セ-ハ行では<瀬畑(セバタ)>を、セ-マ行では<瀬間(セマ)>、<蝉谷(セミタニ)>、<瀬村(セムラ)>、<瀬元(セモト)>を、またセ-ヤ行では<瀬谷(セヤ)>、<脊山(セヤマ)>を確認したのみでした。
 当初この行は<セ>で始まる苗字なので割と多いと思ったのですが、意外と少ないのにびっくりしている処です。
 まだまだ先の長い話です。これからも数を増やすよう努力(検索を実施)します!(桜54)  

2014年11月19日水曜日

桜つれづれ日記(109:スタンドテーブル完成)

11月19日(水曜日)
 この作品は数日前から作っていたものですが、テーブルを作るのに2日、双胴椅子を作るのに2日かかった他は最後の仕上げも含めて5日もかかりませんでした(接着乾燥及びペーパー掛けには丸1日かかります)。
 一番苦労したのはテーブルの脚の部分です。二枚の板にそれぞれ切り込みを入れ、それを反転して組み合わせたものです。しかし当初は木が割れて再度やり直しをしたのです。
 かまぼこ板には木目がはっきりしていますので、最近の作品は全てこの木目を利用しているのです。
 まあ何とか様(サマ)になっている様なので、松山人が持ち帰るでしょう。女房殿には以後工夫した作品を贈呈するつもりです。
 ぜひ作品を譲ってほしい方はご一報を!但し同じ物は作りかねますがね・・・?(その時の材料とチカラ加減で・・・)(桜54)

仕事遍歴(29:今朝は冷え込んだ)

11月19日(水曜日)
 今朝はぐっと冷え込んで、この秋一番の寒さとなりました(5.5度=7時現在)。また上空を通過するジェット機の後ろには、白濁する<飛行機雲>は全く見えませんでした。
 こういった状況は何を意味するのでしょうか?
 それは空気中にある水蒸気のいたずら(変化)なので、こういった状況から目先の天気予測がある程度判るのです。
 例えば<霜が降りる>という事は、地表付近の水蒸気が(低温によって)白濁化するものなので、<気温が低い>という指標なのです。また霜が太陽に当るまで解けないのはその日は晴天となり、反対に霜が解ければ天気下り坂に向かうようです。
 また一方で<飛行機雲が・・・>の場合には、航空機の後に雲が出来ると<湿気が多い>と解釈できますので、天気は次第に下り坂に向かうと推測されるのです。その反対に飛行機雲が出来ないという事は、一両日は<晴天が続く>と判断出来るのです。
 そうした身近な(気象)現象は、近い将来(一両日)の天気予測に役立つのです。
 この他動植物でもよく観察しますと、いろいろな事(天気予測)が判るようです。
 昔から言い伝えられています<ことわざ>には、そうした天気俚諺(リゲン)に表現されていますのでぜひ紐解いて下さい。(桜54)

2014年11月18日火曜日

健康管理(72:医者が良い?)

11月18日(火曜日)
 今日は両母上殿がデーサービスで出て行きまた遅くなりますので、小生は久々畑に行きました。最終的な芋掘りと草集めを行ったのです。
 一方女房殿は今日から3日間、医院通いをしなければならないようです。歯医者や治療にと・・・。
 標題の様に<医者が良い>ではなく<医者通い(カヨイ)>のようです。まあ意味としてはどっちこっちないようですがね・・・。
 高齢化となりますと、医者とは切っても切れない仲となるようですが、自分自身の気の持ちよう(気力)と身体作り(体力)ですね。両方とも自分自身で作る事が出来ますので、時間を掛けて自分自身が出来る範囲で実行すると良いでしょう。
 <健康に医者要らず>です。自分の健康は自分で管理し作りましょう!(桜54)  

畑の管理(52:最後の踏ん張りを!)

11月18日(火曜日)
 今朝は冷え込んだのですが、思ったほどの気温ではありませんでした。しかしそれでも吐く息はやや白く見えました。
 さて畑で育てていました芋はほとんど掘っていたのですが、あと少しだけ残していました。この畝は野ネズミによって芋の付きが悪かったので、掘らずに残していたのです。
 でもこのまま放っていても何もなりませんので、今日は作業が入っていませんので行くつもりです。また来年早々に畝を作らねばりませんので、その準備もするつもりです。
 こういった農作業の目標を持つことは、自分自身の健康管理にも繋がりますので何とか頑張っている処です。では早速その準備に取り掛かります・・・。(桜54)  
   

2014年11月17日月曜日

桜つれづれ日記(108:テーブルスタンド)

11月17日(月曜日)
 今朝は資源ごみ回収日でしたので、先月不在で搬出出来なかった品々を持参しました。
 さて数日前から作っていますテーブル(写真)が完成しましたが、この後スタンドの椅子(高椅子)を作る予定です。こういったテーブルは駅前の<一杯飲み屋>などで良く見かけるものだと思うのですが、小生は生憎あまり記憶にないのです。でも写真やテレビで見ましたのでなんとなく想像で作りました。
 テーブルの高さは約5cm、テーブル長径は5.5cm、短径が4.5cm程度です。
 この後高椅子を作る予定ですが、まずは写真に収めました。出来上がり次第カメラに収め公開します。
 こういった作品では、<かまぼこ板の板目が気に入った>との指摘がありますので、最近の細工物は全く着色はしていません。皆さんは如何ですか?(桜54)

桜つれづれ日記(107:投票率低下)

11月17日(月曜日)
 昨日は愛媛県知事選挙と松山市長選挙が同時に行われましたが、県知事選挙の投票率が前回から大幅に下がり過去最低となったそうです。また松山市長選挙でも前回から5ポイントも下がる投票率となったそうです。
 投票は国民の義務(又は権利?)のはずですが、回を追うごとに低化しているようで何か空(ムナ)しい気持となっています。
 その昔の投票では<動けない人をタタミに載せ運んで投票された人>を見たこともあり、余程の事がない限り投票をしたものでした。現在では若者を中心にかなり無関心な人が居ますので、それなりに投票できる仕組みを作らねばなりませんね。
 その一方で、国会議員の定員削減はどうなったのでしょうか?一向にその動きが見えないのです。
 国民の血税を使って多くの国会議員を搬出していますが、ロクな仕事をしない議員が時々見受けられます。
 よって、国民から信頼を受け信用される議員になってほしいものです。無駄な税金を使う必要はないと思うのですが・・・。(桜54)

2014年11月16日日曜日

自治会(28:資源ごみ回収と神社例祭)

11月16日(日曜日)
 今日は日曜日でのんびりしましたが、明日朝は当地区の資源ゴミ回収日です。
 予報では午後から所によって雨の可能性があるとの事ですが、気圧の谷が今夜遅くから明日日中にかけ通過しますので、ひょっとすると一雨あるかも知れません。よってつい先ほど、<紙類の持ち込みは一時見合わせて下さい>との張り紙を出しました。
 明朝にはその是非についての判断をします。
 さて1週間後には当地区の祭り神(金勢神社)の例祭がありますので、地域住民のご寄付を募っている処です。
 今までは多くの方のご寄付がありましたが、年々新規参入者が増えそういった風習は少なくなっている処です。
 会計さんや地元自治会の役員さんとは、今後の方針等について例祭後に相談する予定です。
 近年の人たちは、個人本位の考えや行動が目に付きますので、昔から続いた風習は次第に廃れて行くでしょう。寂しい事実ですネ・・・。(桜54) 

家の管理(69:いよいよ年賀状を)

11月16日(日曜日)
 写真は先日発売された年賀状の一部ですが、印刷されたキャラクターはさて何でしょうか?
 これは来年から始まる<伊達400年祭>に関するもので、小生と関係する人たちが考えたものなのです。
 仙台伊達家から遠路伊予国宇和島へ入部された<伊達秀宗公>を模したものだそうで、上記の様に来年はその記念年に当たる事からデザイン化されたものだそうです。
 右手には宇和島の象徴である<牛鬼>を持ち、門松を従えての記念撮影です。
 小生と関する方々には、この年賀葉書が来年早々には届きますのでじっくりとご覧ください。また機会があればぜひ宇和島の地に足を運ばれ、知人の民宿にでもお泊まりいただけたら幸いです。
 小生も来年からは桜植樹・観測関係でやや忙しく動き回らねばなりませんので、ご連絡は携帯まで!(桜54)

2014年11月15日土曜日

桜開花観測(33:新たな桜の名所に?)

11月15日(土曜日)
 今日は以前から要請されていました(桜植樹)土地の測量等に出かけました。測量と言ってもアバウトなもので、桜の木を植える場所の間隔を巻き尺と目検討で測量したのです。
 巻き尺を持っては行ったのですが、土地は傾斜があったりまた途中に枝木があったりで正確な数値ではなかったのです。
 でもおよそ植える場所を決めました。しかしご覧の様に傾斜地なのである程度角度を緩やかにし、また根っこの除去、散策出来る小路の土地改良(新設)工事等が必要な点を伝えました。
 まあその土地は個人所有なのでどのような工事をしようが良いのですが、ただ今まで雑木が植わっていましたので工事は大変なようです。
 土地所有者は将来的に、地元民が愛する桜の名所にしたいと考えているそうです。(桜54)

桜つれづれ日記(106:お裁縫?)

11月15日(土曜日)
 気温はそれほど下がっていないようですが、湿度が低いので何か身を切る様に感じます。
 さて昨日、写真(左端)の様なものを作りました。何でしょうか?
 これはメガネケースです(?)。と言っても手作りのものなので皆さんの感覚とは違っているでしょう。
 昨日バイクで走っている際、信号で止まった時ふと足元を見ますとメガネだけがあったのです。周りを見ましたがケースがありません。走行中に(ハンドル下にある)ボックスから落ちたのでしょう。
 メガネをケースに入れずバイクに積んでいますとレンズに傷が入りますので、柔らかめの布をケース状に作ったのです。中に裏地を付け二重にした物を自前の手で・・・。
 他人様に見せるのではなく、メガネ保護のため作成しただけです。まあこれも自己満足でしょう!(桜54)

2014年11月14日金曜日

桜つれづれ日記(105:座卓完成)

11月14日(金曜日)
 今日午前中は、行政主催の<伊達入部400年祭>部会に代理で出席しました。その折ちょっとだけ建設的な意見を出し賛同を得ましたので、後日何らかのアクションがあるかも知れません。
 さて小生は日々木工細工(かまぼこ板作品)を手掛けているのですが、昨日ようやく写真の様な作品が出来上がりました。
 これは座卓ですが、椅子の方が少々大きかったため机の下にすっぽりとは納まりませんでした。というのは、腕木(金具の取り付け)が余分だった様なのです。
 まあそれは良しとして、台の上には大皿、ポット、湯呑が載っているのですが、それぞれ当初の思惑とは多少ずれているのです。
 椅子3脚はかまぼこ板を全て使用していますが、左の椅子の背もたせは竹を用いました。竹をやや薄く切って外側の丸味の部分を利用したのです。また台座の部分(かまぼこ板)との接合には竹ヒゴを用いました。
 まあそれぞれ小さいので気を使いながら作成しましたので、少々時間がかかりましたがね・・・。(桜54)

桜つれづれ日記(104:友人の喜と悲)

11月14日(金曜日)
 今朝の新聞には、小生と関係する人の記事(短文)が出ていました。
 一つは、近隣町内の役員再任です。
 彼は永年地域の名士として活躍され、なくてはならない人間となっていますので次年度も<再任>されたようです。一方の友人は、体調不良により死去されたとの記事でした。
 小生達の年代では、地域で活躍されている方の表彰や再任などまだまだ現役で過ごされている方と、体調不良でリタイヤされお亡くなりになる方がそれぞれ表面化しているようです。
 小生もボランティア活動はまだまだ続けたい気持ちですが、さて体調の方が追って行けるか心配な処があるのです。また介護の方も年々きつくなって来ましたので、そろそろ先の事を考えねばならないですね。(桜54)  

2014年11月13日木曜日

健康管理(71:やっと冬支度?)

11月13日(木曜日)
 今日日中の気温はぐっと下がってかなり肌寒さを感じました。
 小生は昨日までは外出時以外は全く靴下を履きませんが、今日は日中でもやっとその靴下を履いたのです。しかし午前中は未だその靴下は部屋の中にありましたがね・・・。
 また一方で上半身の肌着の方は半袖で過ごしていますが、それほど寒いとは思っていません。でもバイクで町へ行く時にはさすがに上着を着ないと寒いですね。
 今回の寒さは一過性のようですが、これからは次第に冬の空気が西日本にも到来するでしょう。
 年々歳を重ねるに従って暑さ寒さが身に堪えるようになりますので、益々健康に留意して過ごさねばなりません。気力だけは未だ未だ若いつもりなのですが・・・。(桜54)

防災を考える(29:今朝のラジオ放送から)

11月13日(木曜日)
 今朝のラジオから流れた情報によりますと、今から48年前の今日松山空港沖で航空機が墜落し50数名の方が亡くなられたそうです。この死亡者の中には、宇和島の医師の方多数が含まれていたそうです。
 また一方で気象庁からは、近年の雨の降り方についての分析と解説が発表されたとの事です。やはり懸念されています<地球温暖化の影響>が大きく、近年では1.5倍の強雨が降ったりまた頻度が多くなっているそうです。
 更に、昨日の交通事故の分析等もラジオから流れて来たのです。
 そういった事故・事件・自然現象等は防ぎようもないと思われがちですが、個々のちょっとした注意が<生死を分ける>とも言われますので、ある程度は個人責任かも知れません。
 しかし大規模になりますと、なかなか個人の判断や行動では防ぎようもないようです。でも、日々の無理をしない行動や判断が防災に繋がるかも知れませんよ!(桜54) 

2014年11月12日水曜日

仕事遍歴(28:え!南国で雪が・・・)

11月12日(水曜日)
 南国四国はそれほど気温は下がらないと思われる方が居ますが、どうしてどうして!
 まあ数値的にはマイナス10度を下回るような所はほとんどありませんが、結構雪が降る地域があるのです。しかも四国西部(愛媛県久万高原町・西予市・宇和島市・高知県宿毛市にかけて)は、まあ積雪の多い所とされています。これは関門海峡から流れ込む寒気の影響なのです。
 北信越や東北・北海道の様にメートル単位での積雪は無いにしても、50~70センチくらいは積る所があるのです。
 その昔(昭和50年代)には当宇和島の奥地(小生が畑を借りている付近)では、1メートル余りも積もって身動きの取れない時もありました。
 現在では積雪の回数もまた積雪量もぐっと少なくなりましたので、交通機関や家屋の被害等はほとんど聞かれなくなりました。しかし一昨年でしょうか、新聞に積雪の影響で自動車事故の記事が全国紙に久々載ったそうです。
 また近年では積雪があってもその日の内に解けて、子供達の遊ぶ姿も少なくなりました。
 地球温暖化の影響で、この50年の間に大きく気象の変化が見られた南国四国の状況でした。(桜54)  

健康管理(70:突然のチャイム)

11月12日(水曜日)
 今朝早く(03時20分頃)、母上殿と繋がったチャイムが鳴りました。「今頃何か?」と思って女房殿が出向いたところ、「下腹が何処となく痛い」とのことでした。しかし<痛みで寝れない>と言うほどでもないので、一応朝まで寝て頂くようにし小生達も床に就きました。
 今朝起きて女房殿が母上殿の様子を見ますと、「静かに寝ている」との事なのでまずは安堵しました。
 今の状態であれば通常の生活が出来ると思われますが、もし痛みが続くようであれば医者に診せなければならないでしょう。
 今の母上殿は小生達との意思疎通が出来ていますので、もし悪くなっている様であればその状態を知らせてくれるはずです。
 90歳を超えていますので、あちこちの違和感は徐々に出て来るようです。
 小生達もそれくらいの年齢まで、元気で動けると良いのですが・・・。(桜54)

2014年11月11日火曜日

ゴミ回収(25:ゴミ袋毎週)

11月11日(火曜日)
 今日は犬の日だそうです?<ワン・ワン>と!・・・11・11
 さて小生地区の不燃物ゴミ回収日は火曜日と金曜日なのですが、小生宅では両母上殿の介護で出る下の世話のゴミが休むことなく出て来るのです。
 大袋ではかなり(水分を含んだ下のオムツなので)重たくなりますのです、小袋に入れて毎回(火・金に)搬出しているのです。時には火曜日か金曜日の一回に搬出する事もありますが、回収業者には<何時も済まない>と思っている処です。
 小生達だけでは可燃物ゴミ搬出はかなり少ないのですが、やはり下のゴミとなると異臭が出て来ますのでほとんど貯まれば毎回出すようにしているのです。
 我々もその内そのような状態になるとも限りませんので、出来るだけ介護は続けたいと思っている処です。でもそのゴミを回収される方たちの事を考えますと、少しでも少なくするよう心掛けたいですね。
 可燃物ゴミ搬出の方は、色々工夫する事によって減量に繋がりますので、皆さんもご協力をお願い致します。(桜54)

桜つれづれ日記(103:次は座卓を!)

11月11日(火曜日)
 昨日は<自転車サイクルマスターの委嘱式>があり、警察署で委嘱状を他の4人の仲間と共に受け取りました。
 さて先日から作り始めています次のかまぼこ板作品は、写真の様な座卓としました。この前の作品は通常の立ち机だったのです。
 机の方は足を短くすればすぐ出来るのですが、座椅子の方はどうすれば良いのか迷っていました。しかし写真の様に傾斜を付けた板を組み込み何時もの様に竹ひごで固定しました。さらに腕木となるものを取り付けたのですが、これは洗濯バサミの壊れたばねを使用しているのです。
 ある程度まっすぐに伸ばし、左右反転した形を作ってかまぼこ板に穴を空け固定したものなのです。
 まあ何とか様になっていますので、あと2脚作らねばなりません。また机に乗せる湯飲みや土瓶も・・・。これも更に細かい作業なのでどのようになるのでしょうか?(桜54)  
 注)左の方位磁石の直径が4cmです。

2014年11月10日月曜日

補導と指導(44:委嘱式)

11月10日(月曜日)
 今日午後から宇和島警察署において<委嘱式>がありました。
 これは前<自転車交通安全校区リーダー>と称したもので宇和島警察署からの委嘱でしたが、今回からは<サイクルマスター>となって愛媛県警察本部からの委嘱となったのです。格が一段と上がりました。
 さてこの役目は、地域の学校や職場に赴いて<自転車の安全利用に関する諸事の講習>等を行うものです。まずは地域の小中学校や公民館活動でのお話や、街頭交通指導に出向かねばなりません。そのためには日頃から自転車の安全利用に関する勉強も怠ってはならないのです。
 本日参集された方全てが若い年齢層(小生よりも30歳程度も若い人)なので、小生はうまく勤まるか心配ですが知識と経験を武器にしましょう。
 近日中に、行動の範囲や指導方法等を再確認します。(桜54)
 注)写真左2枚は以前の身分証明書、右のものは本日受領した身分証明書です。

仕事遍歴(27:職場・職種変更が)

11月10日(月曜日)
 今朝は、西空に満月に近い月がまだ見えています。
 さて小生は室戸岬(高知県)を皮切りに、土佐清水(高知県)で退職した事は既に掲載しましたが、9官署12部署に在籍し色々な職種を経験しました。同じ管署でも部署が違い、また職種も違っているからです。
 例えば松山地方気象台(管署)では、松山空港出張所(予報官)・技術課(予報官)・防災業務課(調査官・課長)に属し、また潮岬測候所では高層課と技術課に属しているからです。
 一方職種としては、技術専門官、予報官(空港・技術・大気汚染)、課長(高層・技術・防災業務=3管署)を経験したのです。また転勤の方は概ね4年に1度ですが、長い所では13年11ケ月、短い所では11ケ月となっています。
 府県数では、延べ10都府県<高知県(室戸岬)→東京都→愛媛県(宇和島)→愛媛県(松山)→和歌山県(潮岬)→大阪府→高知県(高知)→京都府→愛媛県(松山)→高知県(土佐清水)>を渡り歩きました。
 色々な地域で、いろいろな職種を。またいろいろな人との交流(勉強)は今の小生にとって良い経験となり満足している処です。(桜54)

2014年11月9日日曜日

家の管理(68:ブログが使えない)

11月9日(日曜日)
 昨日の朝のブログ掲載を行ってから、そのブログを見ようとしましたが見えません。メッセージエラーが出て全く先に進む事が出来なかったのです。
 義息に相談したところ、<それはサーバーの不具合の様なので、しばらくお待ちください>とのことでした。
 やはり他のブログを見ても同じようなメッセージが出ましたので、やっと安心して何もしないまま終わりました。
 さて今朝のブログは掲載されているのでしょうか?
 まずは情報発信のため、簡単な文章を書いてみたのですが・・・。(桜54)  

2014年11月8日土曜日

補導と指導(43:年末から年明けの・・)

11月8日(土曜日)
 昨夜はある団体の会合があり出席しました。
 会議の内容は、年末から年始(年明け)にかけての事業計画(案)の審議でした。
 来月早々からの事業には年越しの事業と啓発活動が、また年明けには祈願祭の行事が組まれていたのです。
 これらについては例年通りの事業なので、詳細な審議はしませんでした。
 集まった面々はほとんど顔見知りですが、今回から新たな人の加わりもありいろいろお話が出来ました。
 まあ、我々は前進あるのみです。頑張りましょう!(桜54)

2014年11月7日金曜日

桜つれづれ日記(102:座れるかな?)

11月7日(金曜日)
 先日から作業をしていました<かまぼこ板作品>が、本日ようやく出来上がりました。
 この作品もかなり小さく、長さ(テーブル長)約10cm程度です。また椅子の方は高さ約5cm程度のなので、ちょっとした置き物には良いでしょう。
 この作品制作中アクシデントに見舞われややキズものになりましたので、外には出せません。よって今回の作品は女房殿の持ち物となったのです。
 何時ものようにテーブルは<かまぼこ板>、椅子は<銀杏の枝>を使用しています。
 工具は彫刻刀とヤスリ、また繋ぎには竹ヒゴとボンドを使用しているのです。
 まあ置物として、自己満足している処です。(桜54)  

桜開花観測(32:秋の枝打ち)

11月7日(金曜日)
 今朝の空気は冷え冷えしましたので冷え込んだと思ったのですが、意外と気温は高かったのです。でも空は高く澄み渡っていました。
 さて桜開花観測に係る作業を、そろそろ本格的に始めなければなりません。その作業とは・・・。
 晩秋からは桜の動きが無くなりますので、不要枝を切って新たな芽吹きの助長作業をしなければならないのです。
 小生自身この秋口はいろいろと出歩いていましたので、あまり桜関係に目を向けていなかったのです。でもようやく時間的余裕が出来ましたので、早速事前点検をする予定です。
 大御所は今年(H14年度)からリタイヤされましたので、小生がその全てを請け負わなければならないのです。
 高枝ばさみ持参でその作業を行うのですが、小生達が出来る作業と言えばせいぜい2mくらいの高さまでですね。まあそれでも開花観測に係る作業ですので、関係者に連絡して近日中に実施する予定です。(桜54)  

2014年11月6日木曜日

今日の食卓(11:手助け要請)

11月6日(木曜日)
 今日は結婚記念日なので、今夕食はひょっとすると豪華な料理かも知れませんが・・・?
 さて昨夕にはちょっと要請がありましたので、小生の腕を振るったのです。でも料理ではありません。魚の捌(サバ)きだったのです。
 小生はその昔魚釣りをしていた頃、女房殿に魚の捌き方の手ほどきを受けました。しかしその後は小生の方がうまくなり、今ではブリやハマチなどの中大型魚から、キスやゼンゴ(アジの児)などの小型魚までほとんど小生が処理をするのです。
 その昨夕処理した魚が、昨夕と今日昼の食卓に上りました。
 勿論頭と腸(ハラワタ)を取り除いた身と、中骨の唐揚げ全てをとても美味しく食せましたよ!(桜54)  

桜つれづれ日記(101:結婚記念日)

11月6日(木曜日)
 今朝は思ったほどの冷え込みはありませんでした。
 さて45年前の今日、小生達夫婦は結婚式を挙げたのです。
 当時の結婚式は昔ながらの家庭や公共施設(宴会場等)での式典が多く、神社仏閣での式典は少なかったように思われます。
 小生達夫婦は家の前にあった宴会場での結婚式でした。
 当時小生は東京で勤務していましたので、職場の仲間も数人訪れ祝福して頂きました。がその仲間が撮影した色々な写真は、不都合により現在は全く残っていないのです。ただ写真館で撮ったものと、新婚旅行時に小生自身が撮ったものだけが残っているだけなのです。よって思い出そうにも、その式典時の事は映像としては定かでないので思い出せないのです。
 まあ無事45周年を迎えられたことでも<良し>としましょう。
 これからも50年金婚式等に向け、末長く宜しくお願い致します。(桜54)  

2014年11月5日水曜日

畑の管理(51:肥料の山)

11月5日(水曜日)
 今日も畑に行って芋掘りをしたのですが、畝はあっても一向に芋が出て来ないのです。
 昨日のブログの様にあちこちと野ネズミの穴が空いていて、その脇の芋はすっかり無くなっていたのです。犯人はやはり野ネズミのようです。
 さてその芋のツルを数日分山積みとしていましたので、下に枯れ草を敷いて火を付けました。後日の肥料とするためです。(手前の山積み)
 一方その先の山積みの物は、1カ月ほど前草刈りをしたものを集め後日畝に埋め込むのです。これも肥料とするのです。
 こういった自然の草木を焼いたり蒸したりして堆肥としますので、小生の畑では一切化学肥料は使いません。しかも農薬なども使いませんので、本当の<自然農法>なのです。
 自然の恵みで、少しばかりの食生活を営んでいる処です。(桜54) 

健康管理(69:未だ未だ!)

11月5日(水曜日)
 今朝もやや冷え込んだのですが、昨日の朝ほどではありませんでした。
 さて小生は寒さや暑さに対して、<年齢の割には比較的強い>
と思っている処です。
 というのは、今朝の様に冷え込んだりしても未だ靴下等は履きませんし薄着(半袖)であり、またエアコン等も全く使用しないのです。
 そうした行為は<我慢強さ>なのか<鈍感>なのか分りませんが、未だ未だ通常の状態で過ごせるのです。
 小生の部屋の窓は毎日(春から秋にかけては)半分程度は開けて外の空気を入れ込んでいますので、小生が部屋に居る時には外の音がそのまま入ってきます。
 一方肌着の方も未だ半袖で居ますが、それほど寒いとは思っていません。また風呂にしてもほとんど年中シャワーで沐浴している処です。
 まあこれも小さい時からの慣れがそうしたのでしょう。<なれ>とは恐ろしいものですね。(桜54)  
  

2014年11月4日火曜日

畑の管理(50:野ネズミか?)

11月4日(火曜日)
 今日も天気が良かったのと両母上殿が不在でしたので、畑に行きました。
 畑ではここ連日芋の収穫を行っていますので、今日もその続きを実施しました。しかしその芋の脇には(写真のように)穴が空いているのです。いわゆる<野ネズミ>の穴のようです。
 よって通常ツルからは4~6個くらいは芋が付いているのですが、この畑ではせいぜい4個止まりです。
 この穴から野ネズミが芋を食い荒らしているに違いありません。食べかすこそありませんが、穴の近くでは芋が存在しないのです。どのツルを掘ってもほとんど写真のような穴がありますので、間違いないようです。
 せっかく苦労して作った芋なのです。ネズミのために作ったのではありません。勘弁願います!(桜54)

畑の管理(49:注文あり)

11月4日(火曜日)
 今朝はこの秋一番の冷え込みとなり、7時現在の最低気温が6.9度となりました。間もなく霜の季節となりそうです。
 さて先日来芋の収穫を行っている処ですが、今年は(芋)畝を増やした関係でなかなか先が見えていません。
 腰をかばいながらの芋掘り作業なので、1日やってもせいぜい1畝くらいなのです。遠路の畑なのでガソリン代も馬鹿になりません。 
 そういった関係で時間があれば今日も掘りに行く予定です。
 また昨夕あるお方から<柿はもう無いのか?>と注文が入りましたので、早速畑の管理者宅に連絡を入れたところ<木の上部にまだ残っているかも?>との返事。
 今日は天気も上々なので、両母上殿が出て行った後には畑に行ける可能性が大なのです。
 まずは<県知事選不在者投票>に女房殿と行き、投票を済ませる予定です。(桜54)

2014年11月3日月曜日

畑の管理(48:掘っても掘っても)

11月3日(月曜日)
 今日は両母上殿が居ましたが、女房殿にお任せして畑に行きました。
 この三連休は天気の状態が今一でしたが、今日は冬型の気圧配置となってやや雲は多く肌寒いのですが何とか動くことが出来ました。
 畑では今年8畝ほど芋を作っていますので、掘っても掘ってもなかなかその畝が消化出来ないようです。
 今日は時間の都合で半畝ほどしか芋掘りは出来ませんでしたが、米袋半分程度は掘れました。
 その掘った芋は全てご近所にお配り(お裾分け)しました。というのは今日の芋は大きさと言い割りと素直な芋だったのです。ただお味の方は食していませんの何とも言えませんがね・・・。
 少しでも皆さんのお口に合えば良いのですが・・・。。(桜54)  

桜つれづれ日記(100:関東旅行⑧)

11月3日(月曜日)
 今日は文化の日で休日で<秋の叙勲>の方々の発表があったそうです。
 さて小生達(女房殿と妹夫婦)は、無事関東(富士・箱根・鎌倉)旅行を終え帰宅したのですが、旅行中の出来事で<珍事件>がありました。
 と言っても我が身に降りかかったものではありません。
 (伊豆)浄蓮の滝の見学を終え階段を昇る途中で、皆さんが下を見ている所に出くわしました。小生も手摺りに掴まって下を見ますと<一万円札>が数枚落ちているではありませんか。直ぐそれを拾らおうと下に降りる算段をしましたが、下りる事は出来ても上がる場所が無かったのです。階段の下がえぐれていますので、上がるには一担谷に降り川沿いに数百メートル歩かねばならなかったのです。
 小生達は観光バスでの移動なので、そういった時間的余裕はありませんでした。
 直ぐ近くの商店の店員に、上記の事情を話して警察に連絡して頂くようにしました。
 小生達は直後バスにて移動しましたのでその後の状況は不明ですが、それにしても一万円札が数枚落ちていたとは・・・?
 その付近にはトランプも落ちていましたので、もしや奇術に使用した品物(偽札?)ではなかったのでしょうか?
 不可解な事件でした。(桜54)

2014年11月2日日曜日

桜つれづれ日記(99:新たな勧誘?)

11月2日(日曜日)
 生憎この三連休の天気は芳しくなさそうです。
 さて近年はいろいろな事業の勧誘が盛んに行われていますが、そういった事業が本物か偽物か迷っている処です。
 今日もある事業の方が自宅訪問されいろいろと話を聞いたのですが、小生にはそれ程頭の中に入らないくらい流暢にしゃべられ、あっという間に終了しました。
 そうしたことで自分自身の判断では出来かねますので、近々ある人に相談し結論を受けるつもりです。
 近年の事業は目まぐるしく変わっていますので、小生達昔人間はどれが良いのか判断に苦しんでいるのです。
 <これが良い>、<あれが良い>、いや<この方がより良い>
と言われれば、昔人間はその方に向かいそうなのです。
 さて小生達の様などっち付かずの知識では前進が出来かねますので、今日明日中に相談に伺います。(桜54)

宇和島を知る(54:市内に田舎?)

11月2日(日曜日)
 昨夜から今朝にかけ当地では雨が降り、ベランダの手摺りには雨粒の列が見られました。
 さて当地(宇和島市)は1市3町の合併により広域行政となりましたが、それぞれの土地の名称は今までと同じ名称を使っています。とその名称に面白いものがありました。
 漢字で書けばそれほど違和感がなく返って馴染みのあるものなのですが、耳で聞くとおや?と思われるようです。まあ地元で知っている人はそれほどの違和感は持っていないようです。
 この土地の名前は<土居中>と書き、耳で聞くと<ドイ・ナカ>となるのです。
 しかし耳で聞きますと<ド・イナカ>、つまり田舎(イナカ)を更に卑下(ヒゲ)した言い方の様に聞こえるのです。
 こういった日本語は、書いた場合と耳で聞いた場合とでは<大違い>という現象が起こるのです。
 そのため地名や苗字には、どのような場合でも何らかの形で振り仮名を振ってほしいものです。(桜54)
 注)この土地名は、小生が生まれた場所(現宇和島市三間町宮野下)の南方側に位置する地域です。
  注)今朝の新聞検索で、<町中(マチ・ナカ)>さんを確認しました。