2019年1月16日水曜日

日本の言葉(2:謙譲語は何処へ?)

1月16日(水曜日)
 今ほどある放送局のアナウンサーが・・・?
 日本国の象徴である天皇陛下又はその皇族がなされる諸事についての説明の中で、<された><なされた>などと発しなければならない謙譲語を、<・・した>などと発したため何か違和感や憤(イキドオ)りを覚えた処です。
 上記のお方がなされる行動等には、それなりの言葉を充てるのが正統ではないでしょうか?
 近年の若者言葉の様に他人様を何とも思わない人間様ならまだしも、純然たる一般国民に対する報道関係者が発する言葉とは思えなかったのです。
 天皇陛下は日本を代表するようなお人なので、それなりに日本語を充てるべきだと考えている処です。しかも公共放送は、時には日本に滞在する多くの外国著名人も聞かれると思いますので、しっかりとした謙譲言葉で話して頂きたいと思っている処です。(桜54)

健康管理(5:梯子を!)

1月16日(水曜日)
 今朝もやや冷え込んではいますが、例年の様な霜や氷の張るような気温ではありません。よってややしのぎ良い朝を迎えた処です。
 さて昨日は<梯子(ハシゴ)>をしました。
 まず近くの内科医に行って何時もの如く月1の検診をして頂き、その後女房殿を従え(いや従って)別の病院の門をくぐったのです。
 後者の病院へは数か月前に1度門をくぐった際、頭皮の異常を言われたのです。
 その後その部分に薬を付けますと、この頃は全くその表皮異常が無くなっていたのです。よって今日の検診では、再度様子を見るため3か月後の通院を言われました。
 まあ後者の方は一時的に異常となった可能性が有りますので、薬によって完治したものと考えられます。
 今後は残っている薬を付け、経過良好のまま医者の<完治OK>サインをもらいたい処です。(桜54)

2019年1月15日火曜日

宇和島を知る(2:市内を南北に)

1月15日(火曜日)
 その昔の今日は<成人の日>だったのですが、近年休日法の改正により以前のような頭内の覚えが無くなった処です。
 さて今日は小生の脳障害のための診察と、女房殿のお買い物で市内を南北に走行しました。まず最初に小生の用事です。
 先般来、歳加算と共に脳細胞の破裂が生じている為それに関係する病院へ。その場所をUターンして今度は市南部のスーパーへ。いやその前に別の場所で高齢者に係る用事を!
 というように市内を南北に走行しましたので、今日は車のメーターがやや上がりました。しかし近日中には、市北部の地域に再び蜜柑買いに走らねばならないのです。
 まあ今の処は無難なく日々を過ごしていますので、気分的にも少しばかり余裕が出ているのです。でも高齢者2人を抱え、小生の頭内破壊が進めばどうなるのでしょうか?先行き不安ですよ!?(桜54)

桜つれづれ日記(5:朝の挨拶が!)

1月15日(火曜日)
 今朝は寒いか暖かいかの境目ですが、まあ小学生は元気で登校し朝の挨拶を交わした処です。
 こういった挨拶が地域住民の絆を深め、また人と人との信頼が強くなるのです。
 その昔はご近所様を始め通行人との会釈等も含めて行われていた様ですが、近年の若者はスマホを見ながらまた下を向いたまま通行する人が多くなりました。
 周りを見ながらまた会話をはずみながらの歩行を見る事が無くなり、静かに下を見て通る姿は<異様>にしか映りません!なぜなのでしょうか?
 近年の若者を含め個人主義がまかり通る世の中なので、他人様と係わる事を嫌うのでしょうか?
 家でも個室にこもり又マンション生活の様に、世間との会話を遮断している人が多いようです。
 皆さんは日頃から会話を楽しんでいますでしょうか?
 その昔の様な<人間関係>が復活してほしいものです!(桜54)

2019年1月14日月曜日

家の管理(3:里家の掃除に)

1月14日(月曜日)
 今日は<成人の日>なのですが、日の丸の旗(日本国旗)を立てている家は一軒も見当たりません?どうしてなのでしょうか?
 近年は国旗という概念が無いのでしょう。それこそ<国家>という言葉も無くなった様なのです。ということで、学校教育に疑問を持っている処です。
 さて今日は天気も良くなってきましたので、女房殿は里家の後始末に出向きました。いや小生が送り届けたのです。この正月に義弟が帰省し里家に数日間滞在しましたのでその後始末に行ったのです。
 近年女房殿は足腰弱って来ましたので、小生が<あっしー君>となり送り届けました。1~2時間後に電話が掛かって来る事でしょう。
 里家は(以前にも書きましたが)小生宅から約1㎞ほど南にありますが、山の際にあるため日当たりがやや悪いのです。また少し坂道がありますので、今の女房殿の自転車こぎではやや難しい点があるのです。
 あと小1時間歩で電話が無ければ、こちらから連絡をして迎えに行かねばなりませんね。では!(桜54)

2019年1月13日日曜日

桜つれづれ日記(4:授賞式に)

1月13日(日曜日)
 つい先ほど、小生の身内の方が挨拶に見えました。
 その方は小生宅近くに住んでいる人ですが、ある職業に就きその腕をめきめきと挙げついに国際賞を受ける事になったのだそうです。
 という事で、近日中にその授賞式に出席されるため日本を離れるそうです。
 そういった事で不在中にはその子供さんたちの食事等をしなければなりませんので、挨拶とお願いに来られたのです。
 身内の方にそういった技量を認められ、名誉ある賞を受ける方が出られたのです。
 小生もその昔はそういった趣味を持ってあちこち行きはしたものの、結局芽が出ず他の職業に就いたのです。
 その人その人が得意とする才能が有るはずです。これからもその芽(才能)を更に伸ばし、日本を背負う人間様になって下さい。期待していますよ!(桜54)

補導と指導(3:右や左も?)

1月13日(日曜日)
 今日は13日の金曜日ではありませんが、ラジオを付けると同時に暗いニュースが飛び込んで来ました。
 ある地域の高速道路での出来事の様ですが、道の駅などが有る場所からどうも逆走をした車が事故を起こしたそうです。
 通常そういった場所には<通行禁止>または<出口ではありません>などの標識(看板)があるのですが、その車の運転手はそれを無視し反対側の道路に入ったようです。
 そういった行動で本線では逆走の形となるため、対向車線の車と衝突し事故により死亡されたとの事でした。
 近年の若者から高齢者まで、色々な看板(標識)を余り見ず走向される方がある様ですが細心の注意が必要ですよ!
 そういった簡単な行動又は行為が、時には死に至る場合があるのです。
 車は<走る凶器>です。
 どちら様も標識に従い、また周りを良く見て行動願います。事故の無いように!!(桜54)