2018年2月23日金曜日

健康管理(19:今日は病院の梯子を!)

2月23日(金曜日)
 今朝から出たり入ったりしましたので、女房殿には余計な作業を押し付けたのかも知れませんが・・・?
 さて朝食後早々に月一通っている医院に行き内診をして頂きましたが、今の処別に異常はありませんでした。また午後からは子供が看護師をしている病院へ行き、歯の治療をして頂いたのです。まあほとんど悪くはないのですが、十数年前詰めていた歯に少し影が出来ましたのでそれを修復して頂いたのです。
 両医院共に行ってはいるのですが、前者は将来の主治医に値するように通い詰め、後者は子供が勤めているので仕方なく・・・?との理由だけなのです。
 その昔から小生は病院通いはあまり好きではありませんので、よほどの事がない限り行かない様にしているのです。
 まあ歯の治療は嫌なものなので<出来るだけ遠ざかる>様にはしているのですが、女房殿や子供の要請であれば仕方なく・・・?と行かざるを得なかったのです。
 これでしばらく病院との付き合いは<無し>としましょう!(桜54)

宇和島を知る(12:日本一守る!)

2月23日(金曜日)
 今朝はそれほど寒さを訴えるほどではありませんので、上着を1枚脱いでの行動でした。
 さて今朝の新聞を見ますと、第1面に<愛媛42年連続1位>との見出しが目に付きました。
 愛媛県は皆さんご存知の様に蜜柑大国です。何処に行っても何処に居てもミカン栽培が見え、蜜柑の香りが漂っている県なのです。
 当地では平地が少ないので、山を切り開いて作った段々畑にその蜜柑が植えられているのです。しかしその成熟したミカンの収穫には全て人の手によって一つ一つ収穫しなければなりませんので、可なり重労働になっているのです。
 そうしたミカン類が収穫量日本1位に連続になる事は、県民のしかもそれを収穫される農家の方の努力が実ったものと思います。
 小生たちボランティア仲間にもそれに携わる方が居られますので、これからも感謝を込めてその蜜柑類を購入したいと思っている処です。
 農家の方、特に蜜柑を栽培されている方おめでとう御座います。(桜54)

2018年2月22日木曜日

桜つれづれ日記(9:メタル増産!)

2月22日(木曜日)
 今日は<>の数字が並ぶ日です。また夜中の2月22日2時22分22秒にはがそのつも並びますが、一瞬のうちに過ぎ去ってしまいますね!
 さて平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックは連日熱戦が繰り広げられ、日本選手もそれぞれに力を発揮しメタルの増産に繋がっている様です。
 その熱戦がテレビで放映されてはいますが小生はほとんど見る事はなく、夕方のニュースか翌日の新聞でその成果を確認するのが精一杯です。
 近年の世界的なスポーツは日頃からの努力によってその成果が現れますので、良い素質は勿論のこと、その素質を引き出すコーチや諸先輩が必要となって来るようです。
 近年はそういった素質を押し出すものに機器や毎日のトレーニングを必至としますので、関係者は年間を通じて大変な作業と努力が必要なのです。
 それにしても世界に通用する技量や努力は、本当に(国民的)称賛に値するものです。おめでとう御座います。(桜54)

2018年2月21日水曜日

桜開花観測(5:統計処理で)

2月21日(水曜日)
 今朝は少しばかり小雨が降っていますが、レーダで確認しますとこの宇和島周辺だけの様です。
 さてこの冬は比較的気温の下がる日が多く、老齢の身では連日寒く感じている処です。
 しかしその寒さは<桜開花>にとっては良い気象条件なので、今後の気温上昇を望むところです。
 人間様でも<熟睡>と言う行為は、健康にまた気分的に良くなる条件なのです。
 桜の熟睡をどのように推し測ったかは不明ですが、長年桜の開花を見て気象との関係を知らず知らずに統計処理をしていたのです。
 そうした処理資料と桜開花との関係が、100%ではなくてもある一定の関係のあることが大よそ解って来たのです。よって確定した数値でなくても、一定の方向性を見出せばその資料が役に立つ場合も出て来るのです。
 まあ今の統計処理状態では、60~70%くらいの相関関係があると見込んでいる処です。(桜54)

2018年2月20日火曜日

補導と指導(5:人員減少で!)

2月20日(火曜日)
 小生は色々なボランティア団体に首を突っ込んでおり、それぞれの団体の要職を担っているのです。しかし団体構成員の減少や高齢で、少しずつ活動の制限が加わって来ている処です。
 さてそういった中、一番行動しなければならない学校街での交安協の指導では、通常10日と20日には2人ずつ立っての指導を行うのです。しかしやりくりが大変となってきましたので、当面は土・日に(指導日が)重なった場合と、夏休み及び冬休み時には学校が休みのためボランティア活動も中止せざるを得なくなりました。
 会員(交安協理事)さん及び学校当局にはその旨を言い、又は学校当局か学校協助者(父兄等)に協力を求めるかも知れません。
 上記の件はこの3月に支部総会を開催しますので、その席上理事さんに提案してみるつもりです。
 近年はどの団体でも人員減少で活動の範囲が狭まっている感じなので、小生の属する団体でも各理事さんを集めて協議してみましょう。(桜54)

健康管理(18:憂鬱!?)

2月20日(火曜日)
 今朝は小生所属のボランティア団体の方が、学校街で立ち番の指導を行う日です。しかし今朝も寒くなっていますので、風邪など引かないようお願いします。
 さて近年の小生は身体のあちこちに不具合が生じていますので、今日は人間ドックではないにしても病院へ行って精密検査を受ける予定です。
 近年の小生は歩いたり体操をほぼ毎日していますので、外観的には健康そのものの様です。しかし頭内の細胞の破壊が進んでいる可能性がありますので、今日は病院へ行って精密検査を受ける予定なのです。
 こういった<病院へ行く>という行為さえ憂鬱なので、それが検査しかも精密検査となるとなお憂鬱になるのです。
 小生が病院に罹っていたのは生後間もない時期と、小3年時の怪我の時また退職直前の時だけなのです。
 よって<病院の門をくぐる>という行為さえ憂鬱となっていますので、さてその行為は精神的にどのような影響が出るのでしょうか?(桜54)

2018年2月19日月曜日

ゴミ回収(7:微妙な時間帯!)

2月19日(月曜日)
 今朝は当地区の<資源ごみ回収日>なので、昨日から雨雲の移動状況を確認している処です。
 今朝もその状況をレーダーで確認しますと、当地区の真上を雨雲がかすめて通過しています。よって今後も、かなり微妙なので一応<紙類持ち込み禁止>としました。
 つい先ほどそういう状況を今朝の立ち当番の方に伝え、また紙類を持ち込まれる方には状況説明をお願いした処です。
 年々少なくなる新聞紙や段ボールの持ち込みですが、少しでも地域の資金になるよう頑張っている処です。
 近年は地元に居ても地元の人間でない感じの方が多数居られますので、出来るだけ地域の方と顔を交えながらお付き合いをしたいと思っている処です。(桜54)